INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

SpecialTrip Blog
メキシコ セールフィッシュスイム

ムヘーレス島、セールフィッシュスイムweek3 大物を見逃さないために必要な事

2013.01.18 / Author.Takaji Ochi

ムヘーレス島に滞在してのセールフィッシュスイムもweek3に入った。week2も風の向きがいつもと違うこともあり、グンカンドリの群れを探すのに苦労した。
1日目、グレッグが海に出て、2日目には僕が海に出た。海のコンディションは悪くなく、2日目は、3つあるメインの捜索ポイント全てを探しまわったが、バショウカジキを見つけることができなかった。
おまけに、コンディションが良いので、一番近くのポイントでは、カンクンからのフィッシングボート、スイミングボート、アメリカなどからバケーションで来ているフィッシングボートなどが入り乱れて、鳥山が立つと、20隻近くのボートが一斉にその鳥山に群がり、我れ先にと、バショウカジキを釣ろうとするので、危なくて入ることもできないし、鳥山もあっという間に散ってしまっていた。
しばらく釣れない日々が続いているから、フィッシングチャーターのクルーも必死だ。釣れる日が続いてる時は、連絡を取り合い、譲り合うこともあるのだけど、こういう時は、誰も譲る気が無い。当然スイミングの方が分が悪いし、危険だ。
そうなると、まず一番遠くのポイントで捜索して、徐々に戻ってくる選択をし、最後に多くの船が出ているポイントに戻って来るルートを取るのが望ましい。
午後遅くになると、デイトリップの観光客を乗せたフィッシングボートや他のスイミングボートは、カンクンに引き上げるので、船の数が少なくなるからだ。まあ、一番遠くのポイントで見れてしまえば問題無いのだけど。
しかし、この日、今年で一番遠出したにもかかわらず、鳥山をまともに見つけることができなかった。疑似餌でトライしても、まったくかからない。他のボートに無線で連絡してもまったく釣れていない。
_1050691.JPG
海は穏やかで、暖かく、惰眠をむさぼりたくなる陽気。今回のゲストは男性3人、リピーターの女性1人。男性陣は、ボートの床にマットを敷いて爆睡していた。
_1050697.JPG
人数を4人に限定しているのは、バショウカジキの群れを見るときに、あまり大人数だと、バショウカジキが警戒して近よってこなくなったり、撮影のときに、お互いが写り込み過ぎてしまうのを極力避ける等の理由もあるのだけど、こういう状況で皆がこうして横になっていられるスペースを確保する事も考えての事だ。この日はコンディションが良くて眠気を誘っていたのだけど、海が荒れて、酔い止めなど飲んで眠くなっている人も、横になれるスペースは絶対に必要だ。
さて、話は変って、大物を見るために必要な事って何かあるんですかって聞かれた事がある。
自分が長く、大物を見せるスペシャルトリップをしていて思うことは、泳力のある人が有利であるのは間違いないのだけど、泳力が無い人でも、ここを改善すれば、見れるチャンスは相当に違って来るのに、と思うことが一つある。
それは、エントリーするときの準備の早さ。
慣れないからしょうがないのかもしれないけど、大物って通常は、ベストタイミングを逃すと見逃す事がほとんどだ。スペシャルトリップでは、もちろんそんな大物が高確率で見れる海を選択しているのだけど、それでもほんの一瞬のタイミングで見れる、見れないが決まってしまうときだってある。
自分は、いつも身構えているわけではないけど、常にすぐに準備ができる体勢をととのえている。それに、咄嗟に何か出たときに、真っ先に入れるくらいの心構えでいる。
見ていて、一番の違いは、ダイバーの多くがブーツやフィンソックスを履いて、そしてフィンを履くのだけど、それだけでももう、「用意して!」と言われてから相当の時間のロスだ。自分はどうかと言えば、フィンはフルフットでしかも、素足、それもフィンのサイズも他の人から見るとブカブカで、ときに水中で脱げてしまうくらい。ダイビングでバックロールでエントリーしたときに、フィンがどこかに引っかかって、脱げてしまい、そのままエントリーしたこともある。セノーテではそれで溺れそうになった事もある。
でも、この違いは大きい。
もちろん、僕と同じように、ブカブカのフィンを履いて下さいとは言わない。
でも、エントリーしてしまってからは、泳力が物を言う場合が大であるけど、もし自分が他の参加者に比べて、泳力が無いと感じたら、まず船上でいかに早く準備してエントリー体勢に入れるか。それを考えた方が良いと思う。
いつも気を張っている必要は無いけど、頭の中でシュミレーションしておくことは大切だと思う。写真のように眠っていても、「用意して!」と言われたときに、真っ先に準備ができていれば、「準備ができてる人から入って!」と僕らが言うことも少なくは無い(もちろん順番はある程度決めておくけど、準備が遅くて全員がチャンスを逃すよりは、準備できてる人だけでも見てもらいたいから)。
と、とても単純で当たり前の事のようだけど、意外とできていない人が多い。それを改善するだけで、間違いなく見れる確率が違ってくるって事を書いてみました。
暇な日、ゲストにプロフィール用の写真も撮影してもらった。
_1050616.jpg

RecentEntry

  • カテゴリーなし