KID'S DIARY 子育て日記

  • 子育て日記TOP

イルカやクジラと泳ごう!INTO THE BLUE > Kid's Diary > 赤ちゃん好きのタイ人、海友初クルーズ乗船

子育て日記

Fri 26
赤ちゃん好きのタイ人、海友初クルーズ乗船
2004.03.26

赤ちゃんを海外リゾートに連れて行くだけでも、心配事はつきない。色々と準備したり、現地の受け入れ状況を確認したり、調べる事も多いだろう

息子の海友(カイト)が2度目に出かけた海外旅行は、2004年4月。月齢6ヶ月の時だ訪れたのは、昨年末、津波の被害で深刻なダメージを受けてしまったタイのカオラック。そこからシミラン諸島へのダイブクルーズに乗船した。普通に考えたら連れて行かないだろうし、そんなファミリーダイバーを安易に受け入れてくれるダイビングサービスも、そうそうあるものではないだろう。逆に「何バカな事言ってるんだ」と思われるのがオチだろうと思っていた。

ところが、今まで取材で何度か訪れた事があるe-diveに相談したところ、「大丈夫だよ、連れて来なよ」とあっさりOKの返事が返ってきた。

プーケット空港に到着すると、ベビーカーに乗っている息子に、旅行社のスタッフとして働くタイ人女性たちが「赤ちゃんだ~」とばかりに群がってきた。まるでスター並みの扱いよう。カオラックに着いて、ホテルにチェックインするときも、スタッフの女性たちに抱きかかえられて、いつの間にかどこかに連れて行かれてしまった。姿が見えなくてどこにいったのか聞くと、「奥で他のスタッフに見せにいってるのよ」と言われた。食事中も、有無も言わさずウエイトレスの女性に連れて行かれ、おかげで夫婦でのんびり食事することができた。

そしてクルーズ乗船。早速タイ人クルーの人気者に。タイ語でカイとはタマゴの意味なのだが、海友は、皆から「カ~イ、カ~イ(タマゴ、タマゴ)」と呼ばれ、僕ら両親が気にしなくても、頼みもしないのに、スタッフの誰かが面倒見てくれて、しかも皆赤ちゃんの扱いが上手なので、本当に助かった。

子連れの初クルーズで、不安もあり、奴が体調を崩した時には、他のゲストに迷惑かけられないので、スピードボートをチャーターして、町に戻る手配も密かに頼んでおいたりした。それに最初は、妻の方は船に乗船するだけで、ほとんどダイビングする気はなかったのだが、タイ人クルーが面倒見てくれたので、何度か一緒にダイビングすることもできたのだ。

タイ人の子供に対するおおらかさは、見ていて本当に気持が良いし、嬉しくなる。タイの別のリゾートでも、欧米人の赤ちゃんをあやしているタイ人を良く目にした。だから、小さな子供を連れて行くなら絶対タイがお薦めだ。

最後に、ダイビングクルーズ初乗船、そして子供を連れてタイを訪れるという貴重なチャンスをくれたe-diveのスタッフには、感謝の気持でいっぱいだ。彼らをはじめ、カオラック、そしてタイの津波被害からの一日でも早い復興を願っている。

●多くの犠牲者を出した津波の被害から1年がたちました。タイには、6年程前から毎年のように訪れていて、現地に友人も増えました。この記事は、津波の直後にダイビングワールドに掲載されたものです。

その後、今年3月に復興支援クルーズへの乗船も兼ねて、タイのプーケット、カオラックへも訪れました。プーケットはすでに被害の状況がわからないくらいに、整備されていましたが、カオラックはまだまだ、津波の被害状況も癒えず、殺伐とした風景が広がっていました。

写真で海友を抱きかかえてくれている優しい3人のタイ人女性たちが働いていたリゾートホテルも全て津波によって破壊され、リゾートがあったはずのその場所には、廃墟となったプールの跡が残っているだけでした。「彼女たちは無事だったのかな」という問いかけに、「ここの従業員は全員死んじゃったんですよ」。と被害の案内してくれたediveのキョウ君が教えてくれました。

当時、カオラックにいて、津波被害の凄惨さを目の当たりにしていた彼から色々と話を聞きました。殺伐とした風景を前に、「何かできることはないか」と苦悩しながらも、何もできない無力感にとらわれていました。今、カオラックもかなりのペースで復興が進んでいるようです。今年の年末年始はクルーズで忙しいと、キョウ君からは、早めの年賀の挨拶をもらいました。そうはいっても、いまだにプーケットへの観光客数は例年の半分くらいだそうです。

今はタイ復興のために少しでも協力できればという気持ちでいます来年も3月頃にカオラックを訪れる予定です。 

banner_01%5B1%5D.gif

Next 「便秘の話し

Previous 「役に立つ?役に立たない?バシネット

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takaji-ochi.com/mt/mt-tb.cgi/937

ENTRY

ENTRY

  • 越智@自宅
    あ、久しぶりですね。ハワイ楽しんでますか?はや...
  • yumi
    ほんとにほんとにお久しぶりです。 その昔昔、モ...
  • ゆうこ
    最後の文章で吹き出しました(^-^)/ ...

PICK UP

2018.02.02
ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた ワープフィンの先端をカットした遠藤学オリジナル形状ワープフィンを使ってみた

長くワープフィンを愛用している。クジラやバショウカジキ、シャークダイビングなどは黒の一番硬いワープを使用。イルカ、アシカなど、一緒に泳いだり、回転したりする場合には、少し柔らかめの白のワープを使用している。フィンソックスを使わず、素足で履くので、かなり足にフィットしないと激痛が走ることもあり、なかなか他のフィンに移行できない。 黒を使う理由は、様々で 1/スキューバダイビングの場合は、撮影時にどこかに足をかけたりする場合に汚れたり、傷がつきやすい。なので、白はすぐ汚れてしまうから黒を使用。 2/クジラやバショウカジキなどは、直線で横に泳ぐ場合が多いので堅めの黒を使用。 3/タイガーシャークやスリランカでは、黒いフィンを使用することを奨励しているために黒を使用。 などあるため、黒のフィンを使用する頻度が一番高い。 あとはブレードの長さが、個人的には撮影時にフィンが映り込みにくい長さという感じ。 以前は、フィンのパワーに負けないように、走り込んだり、色々とトレーニングもしていたが、最近は忙しさもあり、ほとんどトレーニングができていない。それに、年齢的にも当然脚力も落ちて来ているんじゃないかな〜と思うところもあった。 そんなとき、以前パラオのデイドリーム取材でお世話になったガイドの遠藤学さんから連絡をもらい、「越智さんには是非使ってみて欲しい」というので、使ってみたのが、このワープフィンの先端を遠藤さん自らがカットしたオリジナルフィン。 遠藤学オリジナル形状フィンとでも言えばいいのか。正直、カットした部分は手作り感満載で、決して綺麗とは言えない。しかし、実際に、タイロケでのダイビングや、その後の奄美でのホエールスイムでも使用してみたところ、これがかなり使いやすかった。 どこが違うのかというと、説明は、以下のブログから https://sandwave.jp/2017/04/5379/ つまり、自分が使用してもこの記事で書いてあることと同じ感覚になるということです。感覚というか、実際に、ブレが無くなり、より自然にスムーズにフィンキックができます。これ、遠藤さんがガイド現役時代に、すっごくお世話になったから言っているわけではありません。「良いものは使う、悪いものは使えない」昔からはっきり物を言ってしまう僕なので、いくらお世話になったからって、お愛想で「これは使えます!」とは言いません。だって、下手したら、命に関わることでもありますからね。 ということで、僕は、白のワープフィンも、この形状にしてもらおうと思っています。 それにこれはあくまで噂でしかないですが、この形状で評判が上がれば、この形状のニューワープフィンが作られる可能性もあるみたいです。あくまで噂ですけど。遠藤学オリジナル形状ワープフィンがプロトタイプのガンダムだとしたら、ジムが量産されるってことですね(古い)。 従来のワープフィンに、プラスカット代で5000円ほど必要になりますが、今までワープフィンを使っていて、少しブレが発生すると感じている皆さまは、是非、新宿のサンドウェーブで遠藤さんにフィンをカットしてもらってください。 僕以外にも、激流の海を潜るガイドの人たちの間でも徐々に噂になってきてる、ある意味「プロ」が認めるフィンになりつつあるのかもしれません。 そのうち、「お、あなたも遠藤学モデルですね。通ですね〜」って海でやり取りするようになるかもですね。 P.S. この記事を書いた直後に遠藤さんから白のワープフィンをカットしたものが送られて来ました。次のアシカスイムで使用してみたいと思います。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com