KID'S DIARY 子育て日記

  • 子育て日記TOP

イルカやクジラと泳ごう!INTO THE BLUE > Kid's Diary > 2009ペリリュー&ヤップ回顧録2 ドルフィン・パシフィック

子育て日記

Mon 06
2009ペリリュー&ヤップ回顧録2 ドルフィン・パシフィック
2009.04.06

P1000731.jpg

回顧録では、話が前後するのだけど、今回はパラオのドルフィン・パシフィックに行ったときの話。

僕自身、興味はあったのだけど、なかなか来る機会に恵まれなかった。今回もペリリューでここで働くスタッフの知り合いの人と出会っていなかったら、きっと来ていなかったに違いない。

P1030242.jpg

僕らが、体験したのは、プログラムの中の、イルカについての理解を深め、イルカと触れ合うクローズ・エンカウンターとイルカと一緒に泳ぐドルフィン・シンフォニー。ちなみに、ドルフィン・シンフォニーは6歳からなんだけどね。

P1030358.jpg

野生のイルカと泳ぎなれた僕らからすると、物足りないプログラムではあるけど、野性のイルカでは触れ合えることは難しいイルカたちと、目の前で触れ合うことができるというのは、子供たちにとっては、かなり興味深いものだったうようだ。

P1000713.jpg

特に海友は、背びれにつかまって泳げたのが、とても嬉しかったらしい。その後も、「またイルカと泳ぎたい」と言い続けている。

当然、バハマでイルカと泳ぐことも、今からとても楽しみにしているのだけど、「何が一番したいの?」と尋ねると、「夜イルカと泳ぎたい!」と即答する。

つまりナイトドルフィンスイミングのことだ。バハマでは、ナイトドルフィンスイミングは、夜、真っ暗な海、水深300~500mの海域で、船のエンジンを止めて惰性で流し、船上から海中に強力なライトを沈めて、
そこに集まってきた小魚やイカなどをイルカたちが捕食しに来るところを、水中で一緒に泳いだり、観察したりする。

正直、大人でも暗闇の海に入っていくのは最初は躊躇してしまうものだ。それが、奴は昨年も我先にと暗闇の海へと飛び込んで行った。親としては、気が気では無かったが、本人にしてみれば、昼間よりも動かずにイルカが近くで見れて、それはそれは楽しかったのだろう。

ドルフィン・パシフィックでも、接近してくるイルカに正直恐れるのではと思っていたけど、まったくそんな事もなく、平気で背びれにつかまっていた。

日本では、小さい子犬に吠えられても逃げてたくせに・・・。

Next 「2009ペリリュー&ヤップ回顧録3 おばあちゃんのお手伝い

Previous 「2009ペリリュー&ヤップ回顧録1 自転車

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takaji-ochi.com/mt/mt-tb.cgi/1164

コメントする

ENTRY

ENTRY

  • 越智@自宅
    あ、久しぶりですね。ハワイ楽しんでますか?はや...
  • yumi
    ほんとにほんとにお久しぶりです。 その昔昔、モ...
  • ゆうこ
    最後の文章で吹き出しました(^-^)/ ...

PICK UP

2018.12.22
2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況

2019年に開催する、奄美南部でのホエールスイム空席状況です。 開催期間 2019年1月26日(土)〜2月3日(日) 2019年2月23日(土)〜3月1日(金) 宿泊:ZEROグラビティー・古仁屋クラブハウスまたは、ZEROグラビティー清水ヴィラ 両方の宿泊施設は、車で5分ほど離れています。 船:ZEROグラビティー所有のカタマランボート。暖房完備の船室、冷蔵庫、ポットなど 温水シャワーのあるシャワールーム、トイレはウォッシュレット ボートの出港は、古仁屋からになります。宿泊施設からは、それぞれ、3分(クラブハウス)、10分(清水ヴィラ)。 空席状況(2018年12月22日現在) 1月26日(土) 空席4 1月27日(日) 満席 1月28日(月) 空席1 1月29日(火) 空席1 1月30日(水) 空席2 1月31日(木) 空席1 2月1日(金) 満席 2月2日(土)  空席5 2月3日(日) 余裕有り 2月23日(土) 空席2 2月24日(日) 満席 2月25日(月) 空席2 2月26日(火) 満席 2月27日(水) 満席 2月28日(木) 満席 3月1日(金)  空席2

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com