KID'S DIARY 子育て日記

  • 子育て日記TOP

子育て日記

石垣島

Sun 27
2015年10月  石垣島旅行 Part3 竹富島とダイビング編
2015.12.27

_1530070k.jpg

すでに、2ヶ月近くが経過してしまったけど、家族での石垣島旅行part3。竹富島を訪れたときの写真と、海友が石垣島でダイビングしたときの様子。

レンタルサイクルを借りて家族で島巡り。

_1520852k.jpg

_1530157k.jpg

_1530163k.jpg

_1530191k.jpg

竹富島といえば、牛車に乗って、石垣のある民家をのんびりと観光するイメージしかなかったんだけど、タイミングが良かったのか、ビーチに行くと潮が引いていて、広々とした砂州が出現していて、とても幻想的だった。

_1530050k.jpg

そして最後の観光は、MOSS DIVERSでダイビング。森くんファミリーも一緒で、子供たちが多かったので、生憎風が強くて、湾の外に出ないでダイビングも楽しめるポイントでスノーケルや釣り、ダイビングを楽しんだ。水中写真は、コンデジ借りて撮影。

12165820_940209652683966_1012011383_n.jpg

12166671_940209156017349_1130339318_n.jpg

_1520808k.jpg

おもちゃみたいな釣竿で釣りをしていた颯友。ダイビングしていて、これじゃあ釣れないだとうなと海中を見回して思っていたのだけど、ちゃんと釣れてびっくり。

_1520836k.jpg

夜には、森家に呼ばれてファミリーパーティー。

12167321_940201369351461_2105799050_n.jpg

森くん、えりちゃん、クロちゃん、お世話になりました。天気はイマイチだったけど、久し振りに会えて楽しかったよ。また行ければいいけどね〜。


Fri 16
2015年10月  石垣島旅行 Part2 北部観光編
2015.10.16

_1520589k.jpg

西表島から戻った翌日は、石垣島在住の友人、マサの案内で、石垣島北部観光。通常の観光では行けないような穴場ポイントに案内してもらった。

スタートは、シェアハウスとして利用しているマサの家から。隣の空き地には、ヤギのファミリーが。人懐っこいヨシオ君は、撮影のために距離を取ろうとしても、どんどん近寄ってきて、最後は体をペロペロ舐めだす始末。

かわいいのだけど、写真撮らせてよね〜。

_1520202k.jpg

そこから向かったのは、明石という場所の牧場?やパラグライダーのスタート地点の展望台。

牧場内には、馬が放牧されていて、海風が爽快な雰囲気。海岸近くには、ガジュマルの木が生い茂り、ちょっとしたパワースポット的な印象。

_1520269k.jpg

_1520306k.jpg

_1520369k.jpg

パラグライダーのスタート地点の展望台から海岸を眺めると黒い物体が・・・、どうやら牛の群れらしい。

_1520439kk.jpg

気になったので、展望台を降りて、ビーチに向かう。

_1520570k.jpg

_1520538k.jpg

青い海をバックにビーチにたたずむ牛の群れはなんかシュール。

次に向かったのは、石垣島最北端。風強かったけど、絶景に感動。

_1520589k.jpg

_1520614k.jpg

最北端の絶景でも感動的だったのに、「野底マーペーはもっと、すごいよ」というマサの言葉に「これ以上なのか!」と期待しながら野底マーペーへ。

登山口からだと2時間かかるんだけど、途中まで車で行けるルートがあって、今回は息子たちもいるし、時間も無いので、そこから山頂へ。約20分はかなり急な山道を登るけど、山頂の眺望は本当に感動的だった。

_1520655k.jpg

市街に戻る途中で、ネイチャー石垣島ダイビングサービスに立ち寄り、10数年振りに島本剛君と再会。

_1520730k.jpg

_1520714k.jpg

_1520720k.jpg

最後に荒川の滝で涼んで観光終了

_1520742k.jpg

夕食は、マサの家(シェアハウスとして貸し出してもいる)で、たこ焼きならぬ、サイコロステーキ&ソーセージ焼き。食材は、5人分で計2000円とお手ごろな値段。

_1520773k.jpg

今までダイビング取材しかしていなかったから、今回の穴場スポット観光で、初めてじっくり石垣島の自然に触れることができた。妻もかなり石垣島が気に入り、「住みたいな〜」と何度も言っていた。

マサ、1日付き合ってくれて、どうもありがとう。本当に楽しかったよ〜

Tue 13
2015年10月  石垣島旅行 part 1 石垣島&西表島
2015.10.13

12096106_1093014974055832_218831221719433064_n-1.jpg

家族で石垣島と西表島に来ています。といっても西表島は一泊だけだったけど。

石垣島では、グランヴィリオというリゾートホテルに宿泊。到着したその日に、デイドリームパラオ時代から交流のある、森君ファミリーと森君が今年からスタートした石垣島のダイビングサービス、MOSS DIVERSのゲストの方たちと一緒にバーベキュー。

_1520167k.jpg

久しぶりに会った、ユウタ君と初めて会ったアヤノちゃん。二人ともかわいいな〜。特に女の子の欲しい自分としては、アヤノちゃんの可愛さは、たまらない。でも、だっこして泣かれる悲しくなるので、どうしても遠巻きに見てしまってた。少しづつでもいいから、ヒゲ&メガネに慣れて、最後にはだっこさせてもらえれば嬉しいな〜。

それにしても、なぜカイトはいっつも赤ちゃんや小さな子供にウケがいいんだろう。自分が知る限り、ほとんどの子供がすぐにカイトには懐く。この日もカイトがだっこするとアヤノちゃんは嬉しそうにしてた。

12143322_1092513044106025_8258721264540415680_n.jpg

ハヤトはマイペースで、皆に背中を向けて花火。それを真似するユウタ君。

12107884_1092513004106029_4416836818265229492_n.jpg

翌日は、ホテルでのんびりして、昼に石垣島の中心街で「Cloud Nine」というお店でマッサージ、そして散歩。このマッサージのお店も、森君の奥さんのエリちゃんに紹介してもらった。100分たっぷりマッサージしてもらった。

この近辺は絵になるお店が多くて、プラプラしながら、iphoneで撮影してみた。

12109171_1092653880758608_8838362962207745141_n.jpg

12074890_1092653974091932_2590461606251760878_n.jpg

12111980_1092653960758600_2455791905612718000_n.jpg

12119108_1092699494087380_6342993481853500252_n.jpg

12122387_1092653900758606_2453836577208385961_n.jpg

夜は、森君ファミリーがピザを買ってホテルへ来てくれて、部屋で一緒に食事。

FullSizeRender.jpg

翌日はフェリーで西表島へ。

宿泊は、Mr.SAKANAさんの経営する「琉夏」。

12096106_1093014974055832_218831221719433064_n.jpg

以前ロケで西表島を訪れたときに見学させてもらったことがあり、一度泊まってみたいな〜とは思っていた。今回は、旅の手配は全て妻が行っていて、西表は日帰りくらいで考えていたのだけど、facebookにサカナさんから「西表島にもおいでよ」とメッセージがあり、急遽お伺いすることに。たった1日なのは物足り無くて、特に妻は琉夏をかなり気に入ったみたいなので、またいつかのんびり遊びに来れればいいかな。

_1520185.JPG

_1520189.JPG

この日は、大見謝川でキャニオリングというアトラクションに参加。これも森くんの奥さんのエリちゃんに紹介してもらって、ブルーシーズンというお店のツアーに参加。ガイドをしてくれた海君という男性スタッフが好青年で、しかもカイト、ハヤトの馴れ馴れしい態度にも優しく対応してくれて、申し訳ないやら、ありがたいやら。

12080729_912056645552052_726504568_n.jpg

k12167039_913659128725137_1170527145_n.jpg

12162538_913659002058483_1045924406_o.jpg

とにかく、キャニオリング、思っていた以上に楽しくて、ハマりました。小中学生くらいのお子さんのいる家族にはおすすめですね。

キャニオリングが終わった後は、 オーシャナ取材でお世話になっているうなりざきに挨拶に行きました。

翌日は、天気悪かったけど、SAKANAさんのところでダイビング。海友はファンダイビングで、颯友は体験ダイビング。

12096051_1093491177341545_7291573819195708226_n.jpg

12065595_1093492567341406_4673541298584361543_n.jpg


颯友はサカナさんが一緒についてくれたんだけど、海も荒れてて寒いのもあってか、2mくらいまで潜ると、耳抜きができないと言って浮上してしまうので、最後は、タンクつけてのスノーケリング。

PA110034.JPG

PA110059k.JPG

PA110086.JPG

海友は、サンゴの綺麗なポイントでのダイビングを満喫しました

PA110131.JPG

PA110118.JPG

さかなさん、ありがとうございました〜。

IMG_2787.JPG

さかなさんが3本目潜ってる間は、ショップでフェリー待ち。GBRロケのときに取材の対応をしてくれたキリンちゃんに再開。

IMG_2785.JPG

カイトとハヤトはショップにあるサンドバッグで遊んでました。

kkFullSizeRender.jpg

石垣に戻ってからは、夜、「SHIMALOHAS」というお店で、MOSS DIVERSの森君ファミリーたちとディナー。小さな子供たちがいても楽しめる、とてもアットホームで感じの良いお店でした。

FullSizeRender 2.jpg

IMG_2806.JPG

IMG_2823.JPG


ENTRY

ENTRY

  • 越智@自宅
    あ、久しぶりですね。ハワイ楽しんでますか?はや...
  • yumi
    ほんとにほんとにお久しぶりです。 その昔昔、モ...
  • ゆうこ
    最後の文章で吹き出しました(^-^)/ ...

PICK UP

2019.03.04
【参加者募集】GW御蔵島ツアーが満席になりました。新たな日程で仮予約募集します 【参加者募集】GW御蔵島ツアーが満席になりました。新たな日程で仮予約募集します 【参加者募集】GW御蔵島ツアーが満席になりました。新たな日程で仮予約募集します 【参加者募集】GW御蔵島ツアーが満席になりました。新たな日程で仮予約募集します

into the blue御蔵島 GWドルフィンスイムツアーの日程(8名募集)が満席になりました。 into the blueでは、新たに、2019年の御蔵島ドルフィンスイムツアーを別日程でも開催を予定しています。今後も新しい日程が新たに追加されますが、まずは、6月、7月、9月の日程でのツアーの仮予約を開始させていただいます。 注)まだ確実に日程が確保できていないため、場合によっては、未催行となる場合もあります。3ヶ月前に確定しますので、それまでは仮予約とさせていただきます。 【Into the Blue 御蔵島ドルフィンスイムツアー詳細】 ■日程と金額 5/10(金)〜5/12(日) ¥60,500 ~ ※初心者歓迎 6/21(金)〜6/23(日) ¥60,500 ~ ※初心者歓迎 7/26(金)〜7/28(日) ¥60,500 ~ ※初心者歓迎 9/6(金)〜9/8(日) ¥60,500 ~ ※初心者歓迎 <確保できるお部屋によって、金額が多少プラスされる可能性があります> ■基本スケジュール 1日目21:30頃、竹芝桟橋に集合 22:30頃、東海汽船にて御蔵島へ(船内泊) ※集合時刻の確定は、日程表にてご連絡致します。 <食事:朝× 昼× 夕×> 2日目 御蔵島に到着後、宿に移動 ※準備や朝食など自由時間 【午前】ドルフィンスイム(約2時間) 島に戻って、昼食(各自負担) 【午後】ドルフィンスイム(約2時間) <食事:朝× 昼× 夕◯> 3日目 【午前】希望者のみ、ドルフィンスイム(オプション・約2時間・¥ 9,000-) 島に戻って、昼食(各自負担) あるいは船内にてみんなで昼食をとりましょう! 【午後】東海汽船にて、御蔵島発 19:30~21:00竹芝桟橋着後、解散 <食事:朝○ 昼× 夕×> ■代金に含まれるもの ・東海汽船/橘丸(東京〜御蔵島間二等往復。ご希望があれば、追加料金で特二などに変更も可能) ・宿泊代(同姓相部屋) ・ドルフィンスイム/土曜午前1回&午後1回 ※日曜日、午前中のドルフィンスイムは、¥9,000(オプション/現地払い)となります。 ・食事/朝1回 昼0回 夕1回 ※ご注意:イルカに限らず、自然の生き物なので、会えないことや近くで泳げないこともございます。また、御蔵島は地形上、天候や海況により、船の接岸が難しくなることもあります。あらかじめご承知おきください。 ■御蔵島での宿:御蔵荘、まるいなどを予定 ドルフィンスイム船:海豚人丸、ほか予定 ■参加費用 上記ご参考ください。 ★混み合う日程のため、東海汽船の2等席の確保が難しい状況です。 もし、特2等のお席になってしまった場合には、[追加¥3,670/片道]がかかってしまいます。あらかじめご理解下さいませ。 お問い合わせ ヒットツアーズ/株式会社エイチアイティ 東京都知事登録 第2種旅行業6316号 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-10-1マリア千駄ヶ谷ビル1階 TEL; 03-5413-4701 WEB; https://www.hittours.com 担当者MAIL; wakana@hittours.co.jp

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com