INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

SpecialTrip Blog
バハマ シャークダイブチャータートリップ

バハマ・タイガーシャーククルーズ終了!毎日タイガーシャーク三昧

2015.03.14 / Autor.Takaji Ochi

_29A1034k.jpg
バハマでのタイガーシャーククルーズを終了して、フロリダのウエストパームビーチに戻ってきました。
今年でINTO THE BLUE+オーシャナのチャータークルーズは5年目。知名度も徐々に上がってきているのか、毎年5名の募集枠も、1年前から問い合わせが来るようになってきたけど、欧米では、2年先まで予約でいっぱいの人気クルーズ。
フロリダからの移動も含めて、1週間の行程で、サメたちとのダイビングが楽しめるのは、5日間。今回も、その5日間で、毎日タイガーシャーク三昧。
_29A0050k.jpg
最初こそ緊張し、「これして大丈夫でしょうか?これはやったらまずいすか?」と色々質問していた参加者も、これだけ毎日タイガーに会えると、日毎にタイガーシャークの扱い(?)にも慣れてきて、最終日には、皆心の底からタイガーシャークとのダイビングを楽しんでいたようです。
_29A1404k.jpg
「このクルーズに参加して、タイガーシャークへの印象が変わりました。サメの中で一番かわいい!」という声も。もちろん油断は禁物なので、タイガーシャークと泳ぐ上でのダイビングルールは、皆がしっかり理解してくれるまで、何度も繰り返し同じことをブリーフィングしています。
それ以上のことをしようとするのは、「あくまで自己責任」ということも理解して参加してもらえれば、してはいけない行為を理解して、慣れてくれれば、楽しくタイガーシャークと超接近遭遇が楽しめます。
ここでは、タイガーシャークの他、無数のレモンシャークやカリビアンリーフシャーク、ナースシャークの他、運が良ければ、グレートハンマーヘッドシャークにも遭遇できるかもしれません。今回も1匹ですが、グレートハンマーヘッドシャークに遭遇できました。
今回のクルーズで一番驚いたのは、5年前初めて出会ったスマイリーというメスのタイガーシャークが妊娠していたこと。5年前はレモンシャークくらいしかなくて、細くてかわいかったのに、今年みたスマイリーは妊娠してることもあるけど、ドラム缶みたいにお腹が大きく、体長も、今回姿を見せたタイガーの中でも一番大きく成長していた。5年でこんなに大きくなるんだなと、感心させられました。これがフィーディングのせいなのか、タイガーシャークにとっては普通の成長速度なのかは定かではありません。でも、「初めて会ったときは、ひょろっとしてて、レモンシャークたちにも追いやられちゃうくらいだったのに、貫禄十分で、大きくなったな〜」と感慨もひとしおでした。
_29A1323k.jpg
<5年前に比べて、一まわりどころか、ふた回以上大きくなったスマイリーに感激。おまけに妊娠してたし>
_29A0336k.jpg
<手前がカリビアンリーフシャーク、奥がレモンシャーク>
_29A0800k.jpg
<遭遇できればラッキーなグレートハンマーヘッドシャーク>
2016年度もすでにスケジュールが決まっていて、もうほとんど予約でいっぱいです。日程は、2016年3月4日(金)日本発、3月5日(土)乗船。3月11日(金)下船。3月13日(日)日本帰国。日本人と欧米人のミックスクルーズで、日本人枠の募集は5名限定。
_29A9884k.jpg
また、2017年度も開催は決定しているのですが、日数を2日間延長して、ほぼ100%グレートハンマーヘッドシャークとの遭遇が可能なポイントまで行くクルーズを予定しています。日本からの旅程は、12日間(エアによっては11日間も可能)。このクルーズではブルシャークとの遭遇の可能性もあり、合計6種類のサメに会えるクルーズになります。2017年もすでにほぼ満席です。
ご興味のある方はお問い合わせください。

RecentEntry

  • カテゴリーなし