INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

Photographers Diary

南オーストラリアでのホホジロケージダイブクルーズ Part.1  サーフェースケージダイビング

2017.01.30 / Autor.

20161204-_B6A4939k.jpg
昨年12月頭に、南オーストラリアでのホホジロケージダイブクルーズに乗船して来た。
場所は南オーストラリア州の州都アデレードから飛行機で1時間ちょっとで到着する小さな港町、ポートリンカーン。15年ほど前に、ホホジロケージダイブの取材で2度ほど訪れたことがある。
_60A1653k.jpg
当時と比べて、空港は新しく綺麗になっていて、町も多少は開発が進んでいるが、ホホジロザメのクルーズが出ている場所という印象は町ではあまり見当たらない。しかし、町から少し離れたマリーナに向かうと、ホホジロザメケージダイブを行なっているオペレーターの広告が目立つようになってくる。
_60A1725k.jpg
PC020002k.jpg
一番驚いたのは、「シャークケージダイブ!」と謳われている広告の横に、「シーライオンスイム!」の宣伝が並んでいて、「観光客の皆さ〜ん、デイトリップでこの両方が楽しめるんだよ!」的な・・・・。ホホジロの出る海で、アシカスイムって、それってどうよ。さすが No worries mate! で何でも陽気に済ませてしまうオーストラリアの海の男たちって感じの適当さ加減に、看板を前に思わず一人、笑みをこぼした。半分は、「さすが、期待通りにやってくれるな!」って期待の笑いと、半分は「俺は、これに参加するのか?」って引きつり笑い。
_60A1737k.jpg
マリーナのホテルに一泊して、翌日の朝、ホホジロケージダイブクルーズを行なっている船に乗船した。この船をオペレートしているのは、RODNY FOX SHARK EXPEDITINSという会社 。
_60A1681k.jpg
このロドニー・フォックスと言う人、若かりし頃に、ホホジロザメに左脇腹を「ガブリ!」と噛まれちゃって、九死に一生を得た人物で、この世界では伝説のヒーロー的に有名。今はその息子のアンドリューがメインでケージダイブクルーズをオペレートしている。
_60A1865k.jpg
クルーズは、2泊3日。初日は朝ポートリンカーンを出港して、まずはホホジロザメの多く生息する海域に向かう途中にあるホプキンス島でアシカスイムを楽しむ(心底楽しめるかは疑問)。その後、ケージダイブを行うポイントに移動するのが普通のパターンらしいのだが、自分が乗船したクルーズではホプキンス島のアシカのいるビーチ側に風が吹き込んでいて、波があり透明度が落ちているという情報が、他の船から入っていた。ということで、アシカスイムはクルーズの最後に回して、先にホホジロケージダイブを行う、ネプチューン島を目指すことに。
20161205-_B6A5357k.jpg
ネプチューン島は、北島と南島に分かれていて、今回ケージダイブを行ったのは、北島エリア。到着した時には、すでにデイトリップの船が一隻ケージダイブをスタートしていて、ホホジロも姿を見せているとの情報。
_60A1773k.jpg
皆喜び勇んでウエットやドライスーツに着替えて、まずはサーフェースケージへチャレンジ。クルーがバックデッキに固定してあった大きなケージを海に落とすと、それは、船尾に固定されて、バックデッキから直接ケージに入れるように設置される。エアの確保は、船から繋がっているフーカーのオクトパス。なので、身につけるのは、スーツの他は、マスクと普段よりかなり重めのウエイトベルトのみ。着底して身体を安定させるためなので、普段の2倍以上の重さがあるため、ケージ入り口にしゃがみこんで、ベストタイプのウエイトを着るような感じで、クルーに着せてもらう。身体を固定するのだから、もちろんフィンは履かない。
_60A1842k.jpg
ウエイトベストを装着すると、フーカーのレギュレーターをくわえて、ケージの中へと身体を滑り込ませる。4人が一度にケージ内に入れることになってはいるが、大柄な欧米人が一緒だと、できれば3人くらいがいいなという感じの広さ。
デイトリップの船では、このサーフェースケージのみなのだが、クルーズでの場合は、これに加えて、ボトムケージダイブを行うこともできる。
周囲には、撒き餌や、魚肉と血をミンチ状にして、撹拌したおぞましいスープ状のものを、流し続ける。クルーは、魚のエラの部分をロープで結びつけたものを、何度も何ども繰り返し、海に放り投げている。
船上から観察していると、しばらくすると巨大な黒い影が、ケージの側に姿を現した。「サメだ!来たぞ!」それに気づいたクルーやゲストが、大声で叫び、僕はカメラを持ったままトップデッキから、海中をゆっくりと移動する姿を撮影するために、デッキの右から左へ、左から右へと忙しなく移動した。
黒い影は徐々に、ロープで縛られ、ケージの側に投げられた餌へと接近していく。それに食いつこうとした瞬間、ロープを持ったクルーがそのロープをケージ近くまで引き寄せた。つられてホホジロも、ケージの近くまで大きな口を開けたまま接近して来て、ケージに激突した。
20161204-_B6A4492k.jpg
「わ〜!!」と皆が歓声をあげる。自分は船上にいながら、「う、羨ましい!早くケージに入りたい!」とケージとサメの様子を伺いながらシャッターを切った。
いよいよ、自分の順番が回って来た。サーフェースケージは、前に経験したこともあるし、最近はノーケージのタイガーシャーククルーズも主催しているので、巨大なサメへの恐怖心はそれほど強くはなくなってるので、冷静に対応できていた。
しかし、問題だったのは、巨大なサメへの恐怖心とかではなくて、一緒に入ったゲストの巨大さだった。ある女性ゲスト、最初から「この人と一緒に入ったら狭そう。一緒に入るのは避けないと撮影できなさそう」と思っていたのに、タイミング悪く、しょっぱなに、その人と一緒にケージに入ることに。正直、一人で2.5人分はある。しかも、その女性が先に入ってしまい、ベストポジションをキープしている。「う、撮影するスペースがない・・・」。真正面の一番良いスペースは彼女がそこにいると、本来、3人で並べるスペースが一人で満席になってしまっていた。
_60A1902k.jpg
おまけに、自分のカメラには、アームとストロボも付いている。ケージだからと短めのアームを持って来ていたのだけど、それでも邪魔になる始末。おまけに、出発前に、動画撮影用に購入し、アームの途中に装着したTGトレッカーなんか、ケージの撮影窓の上の枠にぶつかって、ただの障害物にしかならない。
「し、しまった〜、欲張るんじゃなかった!」と瞬時に後悔し、すぐにトレッカーを外して、少しでも身動きしやすいようにした。
迫り来るホホジロザメへの恐怖よりも、巨大なゲストの背中と格闘し、カメラに余計なものを取り付けてしまってさらに身動きできなくしてしまった浅はかさに、イライラしながら、カメラをガンガンケージにぶつけながら、ホホジロの撮影を行なっていたのだった。
20161204-_B6A4461k.jpg
2017年12月南オーストラリアのポートリンカーンでホホジロザメケージクルーズを開催します。
日程1 
11月30日(木) 午後遅くに日本発(成田、または羽田など)
12月1日(金) ポートリンカーン着 午後遅く 港にて、船上泊
12月2日(土) 早朝出港 アシカスイム&ホホジロケージダイブ
12月3日(日) ホホジロケージダイブ
12月4日(月) ホホジロケージダイブ 港にて下船 ホテル泊
12月5日(火) 朝のフライトでポートリンカーン出発
12月6日(水) 早朝羽田着
日程2
12月6日(水) 午後遅くに日本発(成田、または羽田など)
12月7日(土) ポートリンカーン着 午後遅く 港にて、船上泊
12月8日(日) 早朝出港 アシカスイム&ホホジロケージダイブ
12月9日(月) ホホジロケージダイブ
12月10日(火) ホホジロケージダイブ 港にて下船 ホテル泊
12月11日(水) 朝のフライトでポートリンカーン出発
12月12日(木) 早朝羽田着
2週連続参加もオッケーです。
現地費用は約35万円
12名乗船可能なところ、募集人数は、8名のみ
含まれるのは、
ポートリンカーンの空港からクルーズ船まで、ホテルから空港までの送迎費用
下船後のホテル1泊分(2名1室)
クルーズ代(サーフェースケージ、ボトムケージダイブ6本)
アシカスイム
含まれまいもの
国際線エア+諸税
ご興味のある方はお問い合わせください。

RecentEntry

  • カテゴリーなし