INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

Photographers Diary

6月の黒潮大当たり! イルカも上機嫌だった、御蔵島ドルフィンスイム開催レポート

2017.07.06 / Autor.

_DSC1095k.jpg
2017年6月23日~25日の期間で、御蔵島ドルフィンスイムツアーを開催しました。
梅雨の合間を縫って催行したツアーだったので、天気が心配されていましたが、出発の日はピーカン晴れ☀
いつも就航している橘丸はドックにはいっていたので、現在は大島航路を走っているさるびあ丸に乗って、御蔵島を目指しました。
レインボーブリッジに願掛け
「レインボーブリッジの下を通る時に願い事をすると叶うんですよ」と参加者に伝えると、「なにをお祈りしようかな~~」とわくわくする女性。
その表情をみてとっさに、「あ、あの、お願ですから、"良い人に出逢えますように"とかではなくて、"着岸しますように"とか、"イルカと遊べますように"とか、そういう方向願掛けでお願いします(笑)」と告げると、「えーなんでわかったんですか!?(笑)じゃあ今回は着岸とイルカにします......」とガチで願掛けしてくれました。
_MG_5544k.jpg
その願いは叶い、翌朝は無事着岸!
さるびあ丸で御蔵島にきたのはすごく久しぶりで懐かしくなりました。
_DSC1198k.jpg
黒潮大当たり!
イルカも上機嫌のドルフィンスイムを満喫

この日は海に出てびっくり!
ドルフィンスイムの時期には珍しい、凪の海です!
_MG_5436k.jpg
船も揺れることなく、滑るように海面を進んでいきます。
イルカの群れが見えるとみんな一斉に海の中へ。
この日は曇っていたので、太陽の光が降りそそぐ感じではありませんでしたが、それでも25度近くある水温と、透明度の良さは、完璧!
午前中から、みんな笑顔がこぼれます。
_MG_5460k.jpg
午後は、午前中とは反対まわりでイルカを探してみることに。
天気が悪い日は島を一周する事ができない時もあるのですが、この日は天気も海況も良く、島を1周することができました。
午後一番は、イルカの捕食に遭遇!
逃げ回るトビウオを、猛スピードでイルカが追いかけまわします。
突如、一匹のトビウオが船に助けを求めるようにこちらに向かって真っすぐに飛んできます。
が......、目の前が見えていなかったのか、逃げるのに必死すぎたのか、飛び上がる高さが足りず、船のヘリに、「でちっ」とぶつかって失神していました(笑)
イルカの食事タイムをまって落ち着いたころ、海に入ってみましたが、イルカは遊びモードではなくあまり泳げず。
でも、なかなか見られないイルカのお食事シーンに、はじめて捕食をみた参加者は大興奮!
そのあとはしばらくイルカに出会うことはなく......、今日はもうこれで終わりかな、どこに行ってしまったのかなと、港に戻るため船を走らせていると、突然大量の背びれが水面に。
これで最後にしましょうか、という船長の指令で海に入ると、待っていましたとばかりにお遊びモード全開のイルカたち!!
_MG_5399k.jpg
もう何回か入水したかった気持ちを抑えて帰港。
※御蔵島のルールがあるので、ガイドと船長の指示に従ってくださいね!
DSC_8146k.jpg
追加日程がいくつかあります。
2017年8月25日(金)夜~8月27日(日)残席若干
2017年9月1日(金)夜~9月3日(日)(満席、キャンセル待ち)
2017年9月8日(金)夜~9月10日(日)(満席、キャンセル待ち)
2017年9月8日(金)夜~9月10日(日)(満席、キャンセル待ち)
2017年9月22日(金)~9月24日(日)残席若干
2017年10月27日(金)~29日(日)(満席、キャンセル待ち)
ご参加ご希望の方は以下のフォーム(https://under-water.jp/special/dolphinswim/mikura-dolphinswim/tour/)からご連絡ください。
現地リポートは、稲生薫子。撮影は、稲生薫子、岡田裕介でした。
11145120_828780950570294_4326895613835652886_o-thumb-450x450-7997.jpg
OKADA-thumb-450x450-7989.jpg

RecentEntry

  • カテゴリーなし