INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

SpecialTrip Blog
バハマ ドルフィンクルーズ

2018 バハマドルフィンクルーズweek2 まったりとイルカたちと泳ぐ

2018.06.23 / Autor.

OK5A3823k.jpg
1日目  ウエストエンドからの出発し、グランドバハマ島からビミニの海域へのクロッシングは、ほぼべた凪で穏やかに過ごせた。今週も初日はグレートアイザック島からビミニ島までの間をジグザグにゆっくり南下しながらイルカを探す。しかしなかなかイルカが見つからず、7時15分くらいに、15頭のイルカがバウ(船首)について、8時まで泳ぎ終了。
夜は、バーで飲んで美味しかった、テキーラCASAMIGOSを2時過ぎまで飲んで就寝。
2日目、午前中は、9時30分にイルカが出てくれて11時まで、数頭のイルカと泳ぐ。
ランチ休憩では、エルドラドショールズでダイビング。ゲストの1200本記念ダイブだったので、1200の文字を作って海中で撮影。フェアリーバスレット、イエローヘッドジョーフィッシュ、ラフヘッドブレニー、ブルークロミス、ロックビューティーなど、定番の魚たちを紹介。コンクを収穫。
_1057124k.jpg
午後は、5時半にイルカたちに遭遇。4〜8頭のイルカたちが、船の周囲からほとんど動かないで、超スローペースでゆったり、まったり泳いでくれてた。1時間30分、ずっとそんな感じで泳ぎ続けた。今までのスイムの中でもかなりまったりと泳げたので、疲れもせず、気持ちよい時間を過ごせた。
OK5A2991k.jpg
OK5A3009k.jpg
OK5A3074k.jpg
OK5A3602k.jpg
OK5A3631k.jpg
OK5A3687k.jpg
OK5A3656k.jpg
この時のスイムがとても気持ち良かったので、それ以降のスイムはしないで、自分はバウでビールを飲むことにした。結局途中で外洋に出てフィッシング。成果は無し。
そのまま、ナイトドルフィンへ。イルカは2〜3頭しか出なかったけど、ゲストが手作り(アボガドを入れていたネットと、ワイヤーのハンガー)の網が大活躍して、あっという間に50匹以上のイカを収穫。
DD_180622_0029k.jpg
刺身と漬けにして食べた。
3日目。午前中イルカは現れず。ランチ休憩では、エルドラドショールズでダイビング。
午後もなかなかイルカが見つからず、7時前に、他の船が泳いでいるイルカを譲ってもらい、8時まで泳いで終了。ナイトもトライしたが、最初は3頭ほどが姿を見せたが、その後姿を見せなくなり、またイカ捕りに専念。
渋い1日だった。この日のハイライトは、week1に対抗して、ピンク一色でイルカと泳ぐクルーのフィンチと一緒に、チームピンクweek2を結成して記念撮影したことか・・・・。
いいんだけど、知らない人が見たら、どんな集団なんだと思われてしまわないかちょっと心配・・・。
4日目、朝9時から10時まで数頭のイルカと泳いだ後は、全くイルカが見つからなかった。この日は、ダイビングはしないで、水中スクーターで遊んだ。夜は、ナイトドルフィン中にバショウカジキ が出現。
5日目、朝10時過ぎに13頭のイルカに遭遇。1時過ぎまで、約3時間泳ぎ続けた。午後は、2頭のイルカと40分ほど泳いで終了。
OK5A4636k.jpg
OK5A4589k.jpg
OK5A4050k.jpg
OK5A4561k.jpg
OK5A4513k.jpg
OK5A3041k.jpg
week2に参ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。またどこかの海でお会いしましょう!
P1018439k.jpg
P1018450k.jpg
2019年度のINTO THE BLUEがチャーターするドルフィンクルーズスケジュールは以下になります。
OK5A3794k.jpg
すでに、week3とweek4は仮予約ですが、満席になっています。
week1 2019年6月7日(金)〜16日(日)(クルーズ乗船・8日〜14日)
week2 2019年6月14日(金)〜23日(日)(クルーズ乗船・15日〜21日)
week3 2019年7月12日(金)〜21日(日)(クルーズ乗船・13日〜19日)
week4 2019年7月19日(金)〜28日(日)(クルーズ乗船・20日〜26日)
上記は、日本発着の日程になります。ボート乗船は、土曜日から金曜日の7日間。
もし、10日間ではどうしても難しく、9日間で希望される方はご相談ください。

RecentEntry

  • カテゴリーなし