INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

Photographers Diary

スリランカweek2 & week3 毎日、シロナガスクジラやマッコウクジラと遭遇

2017.04.09 / Autor.

20170401-_29A7222k.jpg
ずっと海にで続けていて、疲れて詳細を書く暇がなかったので、記録のため、遭遇状況だけ記載しました。
week2
初日の月曜日は、朝から曇天で雨もちらほら、降って来て、波も高かったので、途中で引き返した。
火曜日、水中でシロナガスクジラに遭遇。
20170328-_I9A4812k.jpg
水曜日も、水中でシロナガスクジラに遭遇
20170330-_29A7097k.jpg
木曜日も、水中でシロナガスクジラに遭遇
20170330-_I9A5017k.jpg
金曜日も、水中でシロナガスクジラに遭遇し、帰り際に、マッコウの群れを発見。遅かったので、他の船はなく、自分たちだけで先週同様、金曜日からマッコウと泳ぐことができた。
20170331-_I9A5162k.jpg
土曜日、おそらく60頭ほどのマッコウがいて、分散していたので、船も分散していてストレス無く、マッコウと泳ぐことができた。多い時には、15頭くらいの群れになっていた。
20170401-_29A7222k.jpg
日曜日。ほとんどの船がマッコウと泳いでいたので、シロナガスクジラと泳ぐ。2頭のシロナガスクジラと自分たちだけでのんびり泳ぐことができた。
20170402-_29A7362k.jpg
20170402-_29A7380k.jpg
Week3
月曜日、べた凪で、マッコウを発見し、最初は自分たち2隻で泳いでいたが、時間とともに、船が増え始め、取り囲むようになったので、ゲストに理解してもらい、その場を離れて、湾口近くの透明度の悪い海域で、10頭がゆっくり泳いでいるのを数隻の船で見守りながらホエールウォッチング。
20170404-_29A7501kkk.jpg
火曜日、マッコウの群れに遭遇するも、船が多数追いかける状態。先回りして、15頭ほどの群れにアプローチするが、すぐに他の船が追いかけてきて、周りを取り囲むので、少し距離を置いてエントリー。
20170404-_29A7612k.jpg
水曜日、この日もマッコウと泳ぐ。ブリーチングも撮影。
20170405-_60A2247k.jpg
20170405-_29A7721k.jpg
木曜日、朝から、マッコウ。他のボートが来ないエリアだったので、のんびり泳ぐ。直立して眠ってる?マッコウの群れに遭遇。
20170406-_I9A5322k.jpg
金曜日、朝から2頭のシロナガスクジラに発見するが、すぐに逃げてしまって、なかなかは入れない。透明度の悪い海域に向かい、久しぶりのシロナガスクジラの出現で、徐々に船が増えてきたので、さらに入ることは困難に。海で遭遇することなく終わる。ニタリクジラの親子にも遭遇するが、水中では撮影できず。
20170407-_60A2277k.jpg
土曜日、多くの船が透明度の悪い海域にいるシロナガスクジラを囲んでいるという情報だったので、離れた海域で、自力でマッコウクジラの群れを探し、自分たちだけでマッコウクジラと泳ぐ。
20170408-_29A8074k.jpg
写真は、その日撮影したものをアップしています。水中撮影は、スリランカ政府の特別な許可をもらって撮影を行なっています。
来年も、政府の許可が取れれば、同じ時期にスリランカでのホエールスイムを開催する予定です。ご興味のある方はお問い合わせください。

RecentEntry

  • カテゴリーなし