INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

SpecialTrip Blog
バハマ ドルフィンクルーズ

バハマドルフィンクルーズweek3 ビミニ諸島へ

2013.07.06 / Author.Takaji Ochi

_MG_9554.jpg
いつもイルカたちと泳いでいる、ホワイトサンドリッジに、イルカたちがいなくなったので、今週からビミニ諸島へ向かった。
自分にとっては約17年振りのビミニ諸島。当時、妻のミナがこの島にあるビミニアンダーシーというダイビングショップで、数ヶ月間ベビーシッターとして住み込みさせてもらい、毎日ドルフィンスイミングに出かけていた。
自分は、その頃に取材で訪れた。印象としては、ホワイトサンドリッジよりも、透明度や海底の美しさは劣る。カメラマンとしては、トータルの環境から考えても、撮影はホワイトサンドリッジがいいのだけど、イルカのフレンドリーさは、引けを取らなかった。
17年振りのイルカたちはどうかなと、期待半分、不安半分で訪れたビミニ諸島だったけど、イルカたちに対する不安は杞憂に終わり、毎日イルカたちと泳ぎまくった。
_MG_8828.jpg
特に目立った子が、生後4〜5年くらいの2頭のイルカ。一頭は背中に2つ、傷によるへこみがあり、もう一頭は、背びれのほとんどが、恐らくサメに噛まれてしまって、無い。そんな傷のついた2頭のイルカたちが、本当に元気に一緒に泳いでくれた。
背中に切れ込みのあるイルカは、ほとんど毎日のように姿を見せてくれて、海藻のパスキャッチをしたり、皆の周囲を泳ぎ回ったりしてくれた。背びれの無いイルカの方は、ある時には、ダツを自慢気に口にくわえて持ってきて、いつまでも僕らの周りを泳ぎ続けてくれた。
_MG_9349.jpg
ビミニ諸島近海には、「アトランティス大陸の一部では」と噂される、アトランティスロード(ビミニロード)」というものが存在する。海中にある、Jの字型に敷き詰められたような、ただの石畳状の地形なのだけど、エドガー・ケーシーという予言者が、ある年に、「ビミニ近海で、アトランティス大陸の一部が発見される」と予言した通りの同じ年に発見された事から、その神秘性が話題になった。たまに、テレビの特集などでもその謎に迫った番組が企画されたりしたこともあるようだ。
自分も、17年前にこの水中写真を撮影したことから、何度か、雑誌「ムー」に写真を提供して欲しいと依頼され、記事も書いたこともあった。
また、新聞社時代の取材で、当時ボブ・タルボットがアイマックスの撮影で訪れていて、ミナと一緒に船に乗船させてもらい、その様子を取材したりもした。
そんな事もあり、それなりに思い出深い場所でもある。
来週は、家族も船に乗船してこのビミニに向かうので、できれば一度上陸できればいいな〜と思っている。
今週はそのタイミングを逸したけど、船上の雰囲気はとても良くて、皆楽しく過ごすことができた(と思う)。
リピーターの人も、初めてこの海に訪れた人も、心に残る思い出を旨に日本へと帰国する。
Week3に参加してくれた皆さん、ありがとうございました。またこの海で再開できるといいですね。
_MG_0121.JPG

RecentEntry

  • カテゴリーなし