INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

SpecialTrip Blog
バハマ ドルフィンクルーズ

2015バハマドルフィンクルーズweek1終了

2015.06.20 / Author.Takaji Ochi

_29A6174k.jpg
<4日目の午前中、透明度の高い海域でイルカたちと泳ぐ>
3日目を終えて、この記事を書いている。
今年の1週目初日は、バハマをイメージさせる、ターコイズブルーの海ではなくて、エメラルドグリーンというよりニュージーランドのマオリ族がネックレスなどに使用する、グリーンストーンみたいな色な海が広がっていた。
_29A4417kk.jpg
<初日、2日目海中。イルカはいるけど、透明度は・・・>
_29A4349kk.jpg
<見上げると多少青くなるのだけど、海底はグリーンストーン色>
もちろん、ターコイズブルーの海域もあるのだけど、そういうエリアを探しても、イルカが見つからない。まあ、それなりに透明度の良い場所でも泳いではいるけど、やはりホワイトサンドリッジを知っている僕やリピーターからすると、「もう一度あの海でイルカたちと泳ぎたい。いや、イルカがいなくてもいいから、あの海に戻りたい」と口にする人もいる。残り2日間で、一度でも、そういう海域でイルカと泳げればいいのだが。
P1430085k.jpg
<綺麗だった2日目の夕焼け>
透明度はともかくとして、今のところ、皆が毎日満足するくらい、イルカの出現率は良い感じだ。快晴で、透明度以外の海のコンディションも悪くなく、2日目にナイトドルフィンスイミングを行った。
_29A4812k.jpg
<2日目のナイトドルフィンスイミングでも、沢山のイルカたちがやってきた>
3日目は、合計5時間以上、沢山のイルカたちと泳ぐことができた。午前中はオスと年配のイルカがメインの20頭以上の群れ。中には、お触りイルカのスクラッチや、昔馴染みのノチョの姿も。スクラッチ以外にも身体に触れさせてくれるイルカもいて、リピーターも初めての人も、イルカたちとの身体の触れ合いに大興奮していた。
透明度はまあ、まあ良かったが、島に近かったために、他のボートのゲストが海に入ってきて、一時は、水面で、二つの船のゲストが入り乱れる状態に。ただ、向こうのボートに、以前に自分がチャーターしたクルーズに参加してくれたキャサリンという女性が、ガイドとして乗船していたので、海面でハグをして挨拶をした。「邪魔しちゃって、ごめんね」と最初に言ってくれたので、「いいよ、楽しんでね」と言って、またドルフィンスイムに集中した。彼女はビミニに住んでいて、ドルフィンスイミングのガイドをやっているだけあって、泳ぎも上手だった。
_29A5134k.jpg
<しばらくこの(立った状態で停止)状態で、僕らを誘うようにしていたイルカ>
ランチタイム後の休憩時間では、ダイビングを楽しんだ。自分はマクロでジョーフッシュを狙いたかったのだけど、いつもは、巣穴から飛び出して平気な顔しているのに、今日の奴らは近づくと、巣穴に引っ込んでしまい、なかなか撮影ができなかった。
_29A5255k.jpg
<Yellowhead Jaefish>
_29A5263k.jpg
<Blue Chromis>
_29A5316k.jpg
<Fairy Basslet>
_29A5327k.jpg
<Juvenile Rock Beauty>
_29A5280k.jpg
<Queen Angelfish >
_29A4952k.jpg
<3日目の午前中のイルカたち>
特に、午後のイルカたちは、その場からあまり動かずにまったりと泳いでくれたので、こちらもゆったりとペースを合わせて泳げた。今週は、ドルフィンスイミングが上手な人が多い。なので、横に移動せずに、深く潜れる人が、タイミングを見計らって、交代でイルカと泳ぐので、イルカも飽きないし、撮影もしやすい。
_29A5498k.jpg
<夕暮れ時のドルフィンスイムは、幻想的>
サンセットを迎える、午後8時すぎまで泳ぎ続けた。夕陽の光が、海中で黄金色に輝き、イルカたちがスポットライトを浴びているようだった。
_29A5749k.jpg
<黄金色の光の中を泳ぐイルカたち>
4日目、この日やっとこれぞ、The Bahamas!と言えるくらい透明度の高いエリアでイルカたちと泳ぐ。海底の砂地の砂紋も綺麗で、広いアングルの写真を撮りたくなる。
_29A6262k.jpg
<イルカが泳ぎ去ったあと、クルーのニコと砂地を撮影。そんな写真でも絵になる>
_29A6067k.jpg
<青い海でイルカと泳ぐ>
_29A6400k.jpg
<ターコイズブルーの海を泳ぐタイセイヨウマダライルカたち>
_29A6330kk.jpg
<今のところ今年の夏休み限定のクルー16歳のロリーは、初ドルフィンガイド。なぜかイルカじゃなくて、カメラ目線>
_29A6197k.jpg
<頑張る岡田君>
ランチ休憩ではこの日もダイビングを楽しんだ。
ドルフィンスイム最終日の5日目、自分は体調が悪かったので、朝は海に入らず。イルカは出てきてくれたけど、あまり遊びモードでは無かったようだ。しかし、ランチタイムにダイビングしている間にイルカたちがやってきて、20分ほど一緒に泳げた人もいた。
午後は、残念ながらイルカに会うことができずに終了したが、バハマを離れ、フロリダに向けて移動を始め、外洋に出たところで、3頭のイルカたちが、僕らを見送るようにバウに着いてくれた。
P1430245.jpg
<week1のゲストとクルーたち。楽しいトリップをありがとうございました>
また、2016年のドルフィンクルーズも4週開催します。すでに予約も入ってきています。日程も確定していますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

RecentEntry

  • カテゴリーなし