INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

SpecialTrip Blog
トンガ ホエールスイム

オーシャナGBR取材終了、またトンガへ。来年もGBR?狙いはミンキー

2013.09.14 / Author.Takaji Ochi

8月のトンガ、ホエールスイムの後、3週間に及ぶ、グレートバリアリーフロケを行い、今はそちらも終了して、ニュージーランドのオークランドに戻って(?)来ました。明後日のフライトで再びトンガに入り、9月のホエールスイミングをスタートします。
_MG_0115.jpg
今回のGBRロケは、オーシャナの新たなスタイル(?)でのロケでした。なので、INTO THE BLUEでは、そのロケの様子をアップしなかったのだけど、ご興味のある方は、以下のリンクから、ロケの様子をチェックすることができます。
1: グレートバリアリーフのその先へ、スピリット・オブ・フリーダム号でコーラルシーへ向けて出発!
2: 巨体がすぐ目の前に!ジャイアントポテトコッドとにらめっこ
3: こんなナイトダイビング、経験したことない!大物狙いのワンダフルナイト
4: トカゲが歩く自然豊かな島、リザード・アイランドでの小休憩
5: サメが集まる狂乱の宴!オスプレイリーフのシャークフィーディング
6: 【アンケート】ダイビング中にフロートを使ったことありますか?
7: サンゴの海のど真ん中、絶海のオアシス「オスプレイリーフ」の実力
8: 大人だけどダイビング中にうんちをもらしました
9: 地味でも美しい、グレートバリアリーフの小さな魚たち
10: グレートバリアリーフをクルーズで潜る良さとは?スピリット・オブ・フリーダム号の全て
11: グレートバリアリーフを洋上ステイで楽しむダイビングスタイル
12: 一緒に自分撮りできるナポレオンのウォーリー~バディ潜水で気ままに潜るGBR~
13: 【水中写真4コマ漫画】寺山編集長がナポレオンにはたかれた理由
14: 「ニモはカクレクマノミ?」を本場グレートバリアリーフの海で考える
15: サメとロウニンアジが眼前を飛び交う!GBRの衝撃ナイトダイビング
16: バディ潜水とガイド付きダイビングを使い分けられるグレートバリアリーフ
17: 迫力のナイト含め1泊2日で7ダイブ!洋上ステイでグレートバリアリーフ満喫ダイビングクルーズ
18: グレートバリアリーフをポートダグラス発のデイトリップ(日帰りツアー)で楽しむ!
19: 【プレゼントあり】人懐っこいヤイトハタのセリフを考えてみよう!
20: 夫婦で子育てする珍しい海水魚、スパイニークロミス
21: 美しい!グレートバリアリーフのまさにグレートなサンゴ礁
22: グレートバリアリーフダイビングをポートダグラス発デイトリップで楽しむ!まとめ
で、来年も、GBRでのロケを行なおう!という話で、現地側と盛り上がりました。もちろん確定ではないのですが、もし行う場合の狙いは確定、これ!
1290002_403773303056160_1129287845_n.jpg
ドワーフミンククジラです。現地の皆さんの話を聞いたり、撮影されている写真とか見たりすると、自分が想像していた以上に、遭遇確率、接近の可能性は高そうです。なので、来年のシーズンはその可能性を探る取材ができたらいいな〜と、思っています。
で、できれば、その翌年には、現地側と協力して、ミンキースペシャルトリップが開催できたら、とも思っています。
まだまだ、先の話ではありますが、ご興味のある方は、また動向をチェックして下さいね。

RecentEntry

  • カテゴリーなし