INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

SpecialTrip Blog
トンガ ホエールスイム

2016 トンガ・ホエールスイムスタート!week1 イルカとクジラ

2016.08.13 / Author.Takaji Ochi

_DSC3634k.jpg
トンガでのホエールスイムがスタートしました。
Week1初日は、天候が悪く、南からの風が強く吹いていて、捜索範囲は限られた。また、霧雨で視界が無かったこともあり、捜索が困難で、泳げるクジラとの遭遇は無かった。
2日目。自分が、アメリカから帰国して、すぐにトンガのババウへと入り、この日からホエールウォッチングボートに乗船。岡田、越智2名でガイドを務める。水中のガイドは岡田君に任せて、自分は船上から指示を出す。この週はトンガだけでなく、スペシャルトリップ自体、参加したことがない初めて会うメンバーのみ。
昨日と違い、快晴。視界は十分にあるために、遠くのブリーチングやブローはよく見えた。スワローズケーブから南下。島と島の間を通過してモウヌ島の北側を西へ。オバカ島の北を移動しながら、サブマリンロックを通過してフンガ島の外洋側へと出る。
そこで、3〜4頭のヒートランに遭遇。追跡を行う。このクジラたちには、英名Rough-toothed Dolphin(シワハイルカ:学名Steno bredanensis)の群れがついていて、クジラの鼻先で、クジラたちを誘導するように泳いだりしていた。
_DSC3666k.jpg
_MG_2367k.jpg
何度か泳いだが、最初の頃は、なかなかアプローチが難しかったため、無線で他の船に連絡を取ったが、あまり泳げてるクジラもいないようなので、引き続きこのイルカとクジラのグループと泳ぎ続けることに。
最初は激しいヒートランだったが、4頭が3頭になったくらいから、徐々にエントリーして近くで見れるようになってきたため、この日1日中、このグループと泳ぎ続けた。船上からも、テールスラップやイルカたちが一緒に泳ぐシーンを撮影。この日は、全員が水中でクジラを見ることができた。
_MG_2308k.jpg
_MG_2342k.jpg
_MG_2356k.jpg
朝11時すぎから、午後4時前まで約4時間近くハードに泳いだので、皆かなり疲れたようだった。
夜は、チャイニーズレストランへ。飲み物(アルコール)は持ち込みで、一人10トンガドル程度(約500円)で、皆で食事をして満腹になる嬉しいレストラン。しかも味も美味しいので、個人的には、毎日ここでもいいくらいだ。できればもう少しホテルから近ければいいのだけど。
3日目、朝はどんよりとした雲に覆われていたが、徐々に晴れてきた。この日は、越智、岡田で交代で海中ガイドを務める。フンガの外洋側を回って南下する。いくつかのブローを発見してアプローチするが、なかなか泳げない。さらに南にいた船に連絡を取ってみたが、4頭くらいのヒートランに遭遇したが、海が荒れているので引き返し、こちらの海域に向かっているとの連絡。しょうがないので、北のノースベイへと反転してクジラを探す。
ノースベイで、他の2隻が、親子、ペアにそれぞれついていると連絡があったが、両方とも、移動していて入れないとのことで、もしそちらが落ち着いたら無線で呼んでもらうように頼み、さらに捜索を続けた。
結果的に、最初に南にいた船からイルカとクジラが一緒に泳いでるグループを発見、止まりはしないが、泳げるとの無線連絡を受けて、そちらに移動した。
今回一緒に泳いでいたイルカは、Pantropical Spotted dolphin(マダライルカ:学名Stenella attenuata)の群れだった。
この海域には、他にも何頭かのクジラがいたので、泳げるクジラにアプローチする前に、他のクジラにもアプローチしてみたが、数は少ないがヒートラン状態で、なかなか寄らせてもらえなかった。
_T5A1119k.jpg
結局泳げるクジラを譲ってもらってエントリー。すでにイルカはいなくなっていたが、タイミングよく落としてもらえると、真正面から突っ込んでくるクジラを何度か見ることができた。
_T5A1167k.jpg
どんどんと荒れている海域の方へ移動していくのと、時間も時間だったので、引き返す。その途中でシンガーがいたので、浮上してくるのを待ったが、浮上してこないので、諦めてまた帰路につく。そこでバショウカジキが3回ほどジャンプしているのを発見。しばらくは水面下を泳いでいたので、エントリーしてみるが、姿は見えなかった。
この日の夕食は、サプライズディナー。ハネムーンカップルが参加してくれていたので、シャンパンとケーキ、クジラの骨で作ったネックレスのプレゼントを用意して、お祝いをした。
_1520070k.jpg
_1520080k.jpg
最終日、天候は、初日と同じような霧雨が降る中、親子が見たいというゲストのリクエストで、南のリーフに向かうが、風が強いので断念。内側の透明度の悪い海域を探す。他の船も同じエリアにいて、何隻かが親子に着いていた。
今週チャーターしている同じ会社の船に親子とエスコートがついているというので、そちらに向かうと、子クジラがブリーチングしてるのが見えてきたので、皆で船上から観察していると、子クジラだけでなく、母クジラやエスコートまでブリーチングを繰り返し始めた。
_MG_2428k.jpg
ダブルブリーチングやトリプルブリーチング、さらには、激しいテールスラッピングを2頭で繰り返すなど、船上パフォーマスを楽しむことができた。皆から、「なんであんな行動をするんですか?」と質問された。ブリーチングや、テールスラッピング、ペクトラルスラッピングをするのは、様々な理由があると思うが、今回は、親子とエスコートに、もう一頭のオスが割って入ったことにより、エスコートや、母親が興奮したのではないかと思う。
_MG_2644k.jpg
_MG_2814k.jpg
_MG_2865k.jpg
落ち着いてから、この親子とエスコートに何度かエントリー。しかし、透明度が悪いのと、完全には止まらないために、ゆっくり見るという感じではなかった。
_T5A1276k.jpg
この後も、2組の親子に遭遇してトライするが、海中で止まる親子は、透明度が悪くてぼんやりと確認できる程度だったり、とにかくなかなか止まってくれなくて、苦労した。
最後には、スワローズケーブで泳ぎ、港に戻る。
雨も降っていたので、夜は中華を買ってきて、皆で部屋で食べた。
天候が悪い中、4日間で3日間、水中でクジラたちに遭遇できた。来週は天候が回復してくれればいいのだが、今年は、店で売っているミネラルウォーターが、売り切れていたり、今週はガソリンが無くて、ガソリンスタンドに車が列を作っていたり、物資の不足が目立つ。次のガソリンが届くまで、来週の船のガソリンがもつか少し心配している。
_DSC3942.jpg
WEEK1に参加して頂いた皆さま、ありがとうございました。

RecentEntry

  • カテゴリーなし