INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

SpecialTrip Blog
トンガ ホエールスイム

2013年 トンガホエールスイム 6日目〜8日目、お墓参りとクジラたち

2013.08.24 / Author.Takaji Ochi

日曜日は、トンガの法律で、基本的に働いてはいけない事になっている。そのため、ババウでは、ホエールスイミングも行なわれない。何もやれることが無いから、というわけでは無いのだけど、毎年、ババウに来て日曜日になると、ある人のお墓参りをすることにしている。
それは、初めてババウに来てクジラと泳いだときから、ずっとスキッパーをしてくれていた、トンガ人のオンゴという人のお墓。この島でクジラと泳ぐ事に関して、多くの事を教えてくれた、尊敬できるクジラの師匠のような人だ。
リピーターで、オンゴにスキッパーをしてもらった経験のある木村夫妻と、寺山君と一緒にお参りに出来かけた。
P1020822.JPG
お墓には、彼が亡くなってすぐの頃、僕らの企画するホエールスイムに参加してくれた人の名前を全て書き記して持って来た日の丸の旗も、献花も無く、寂しい限りだった。9月の日曜日には、献花を用意してまた訪れよう。
今年の3月には、オンゴの奥さんも亡くなったと聞いた。スキッパーとして、お世話になった息子たちも、トンガタプやニュージーランドに移り住んでいる。今回、お墓参りに案内してくれたのは、オンゴの一番下の妹と結婚した義弟、2年前スキッパーとして世話になった、シオネだった。
日曜日の朝電話をくれて、一緒に教会に行こうと誘われたけど、書かなければいけない原稿とかもあったので、午後からと約束して出かけた。お墓参りが終わったあと、「家でランチを用意していたんだ。取っといたから、ホテルで食べてくれ」と手作りのトンガ料理を渡された。申し訳無いことをした。
オンゴの妹さんには、「毎年お墓参りに来てくれて、本当に感謝しています。きっとオンゴも喜んでいるわ」と言われた。僕が今でもこの島で、クジラたちと生き続けていられるのは、オンゴのおかげだ。感謝するのは、僕の方だ。
ホエールスイム6日目になる月曜日には、最初シンガーを発見。内海だったので、透明度が悪く、姿はみえなかったが、皆でエントリーして鳴き声を聞いた。次に親子とエスコートに遭遇。そこに、徐々にオスのクジラが加わり、結局最終的には、親子を含めて、8頭のヒートランになった。
_MG_0145.JPG
何度かエントリーしてヒートランを撮影。
午後には、別の親子に遭遇。エントリーしてみる。しかし、子どもがまだ小さいこともあり、止まることはなく、移動している親子を一度だけエントリーして撮影して終了した。
_MG_3749.jpg
7日目、やはり最初に内海でシンガーに遭遇。しかし、海中では姿が見えなかった。しばらくして、親子とエスコートを他の船から譲ってもらう。小さな島の浅いリーフを移動していたので、エントリーして何回か撮影した。
_MG_0043.JPG
その後は、ペアを追跡して、ブリーチングやテールスラップなどを行なうシーンを撮影。
_MG_8658.jpg
8日目は、かなり南のリーフエッジまでクジラを探しに出かけ、ヒートランを発見。何度かエントリーしてみる。水中で合計9頭を確認した。後で撮影した写真を見ると、10頭いることがわかった。激しく移動を続けたので、数回エントリーしたものの、なかなか見たり、写真を撮影したりすることが難しく、海も荒れていたので、諦めて引き返した。
_MG_3787.JPG
しかし、その後は、なかなか良いクジラに出会えず、シングルのクジラのブリーチングやテールスラップを撮影したのみ。
親子も発見したが、止まってくれず、結局この日は、クジラを諦めて、マンタに会える東のインリーフのチャネルに行き、マンタスイムをして帰路に着いた。
_MG_3805.JPG

RecentEntry

  • カテゴリーなし