INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

SpecialTrip Blog
トンガ ホエールスイム

2016トンガホエールスイムweek7 最終週。止まってる親子5組に遭遇

2016.09.28 / Author.Takaji Ochi

20160922-P1630589k.jpg
2016年、トンガでのホーエールスイム最終週のweek7は、快晴べた凪の日が多かった。今年は、雨や風雨が激しい日が多く、どのトンガ人スキッパーやガイドに聞いても、「今年もクジラは多いけど、昨年の方が止まっている親子クジラが多かったよね」という会話になる。
ホエールウォッチングの船が増えたこともあるのかもしれないが、泳げる親子に順番待ちする船の隻数は明らかに去年よりも多い。だから、なるべく早くに出港して、自分たちで良いクジラを見つけることが重要になってくる。
初日、風は穏やか。透明度が悪そうだったので、外洋側を捜索したが、あまりクジラに遭遇できず、北西で見つかった親子とエスコートを他の船とシェアしてエントリー。止まらなかったが、エスコートは、自分たちが母クジラに近づくことも嫌らしく、激しくバブルカーテンを吐き出したりしていた。
20160920-_T5A4861k.jpg
2組目に泳いだ親子とエスコートの方は、あまり受け入れられていなかったのか、最後には姿が見えなくなっていた。近くで鳴き声が聞こえたので、「俺を受け入れてくれよ〜」と歌っていたのかもしれない。
20160920-_T5A4936k.jpg
2日目。今日は、今年一番の快晴、べた凪。朝出港してすぐに、穏やかな海域で、海面に浮いている親子に遭遇。他に船も無く、ずっとこの親子と泳ぎ続けていた。
20160921-_29A9858k.jpg
20160921-_T5A5010k.jpg
すると、少し離れていたところで、他の親子とエスコートがトリプルブリーチングしていたので、最初の親子を他の船に譲って、そちらにアプローチ。最初はエスコートが親子を押してしまって、激しく泳いでいたけど、結局このエスコートは母親に受け入れられず、親子だけになったら、まったく動かなくなる。こちらの親子とも、ランチ食べてる間もずっと、眼の前で休んでいた。この親子とは港に引き返すまで泳ぎ続けた。朝から1日中、2組の親子とずっと泳ぎ続けた1日だった。
20160921-_T5A5207k.jpg
20160921-_T5A5136k.jpg
20160921-_T5A5257k.jpg
3日目。今日も、朝早くにとてもフレンドリーな親子を見つけて、お昼まで泳ぎ続けた。浮上するときに、お母さんは、顔を上にしてゆっくり浮上してくる。子クジラは男の子で、とっても落ち着きの無い元気な子だった。
20160922-_29A9896k.jpg
20160922-_T5A5877k.jpg
朝は快晴、べた凪で今年の滞在中ベストのコンディションだったけど、途中で雨雲がきて、海が荒れだした。それと同時に、親子でダブルブリーチングを連発。これで、今週遭遇した親子は、5組目。
20160922-_MG_3494k.jpg
最終日、快晴、べた凪。フレンドリーな親子と遭遇。これで、この週は、止まってる親子5組、に遭遇。合計6組の親子と遭遇した。
20160923-_T5A6140k.jpg
20160923-_T5A6267k.jpg
これだけ止まってる親子に遭遇できたのは、今年で最高。最終日で多くまで海に出ていたので、最後にスワローズケーブで撮影。かなり気に入った写真が撮影できました。
20160923-_T5A6541k.jpg
20160923-_T5A6564k.jpg
Week7にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
P1170311k.jpg
2017年も今年と同じく、お盆の週からシルバーウィークまでの7週間での開催を予定しています。
2017年8月6日(日)出発〜8月13日(日)帰国
2017年8月13日(日)出発〜8月20日(日)帰国
2017年8月20日(日)出発〜8月27日(日)帰国
2017年8月27日(日)出発〜9月3日(日)帰国
2017年9月3日(日)出発〜9月10日(日)帰国
2017年9月10日(日)出発〜9月17日(日)帰国
2017年9月17日(日)出発〜9月24日(日)帰国
(国際線の乗り継ぎ状況によっては、土曜日出発になる可能性もあります)
またこの日程以外で現地にて参加したい方、乗船するボートを探している方も、対応します。詳しくは、お問い合わせください。

RecentEntry

  • カテゴリーなし