INTOTHEBLUE 水中写真家  越智隆治

Photographer Takaji Ochi Official Site INTOTHEBLUE水中写真家 越智隆治

Official SNS
Facebook
Twitter
Instagrum

Blog

SpecialTrip Blog
トンガ ホエールスイム

初めてのトンガ!初めてのザトウクジラスイム!

2016.09.15 / Author.Nanami Yoshio

S__26763323.jpg
よしおななみです!
INTO THE BLUEのスペシャルトリップでトンガのザトウクジラスイムに行ってきました!
初めてのトンガに初めてのザトウクジラとスイム!
越智さんの写真やリピーターの方の写真で見ていて、行く前からわくわくしていました。
日本からオークランド経由でトンガタプに到着。
空港の到着口には、民族衣装を着て打楽器などで出迎える現地の人達。
オークランドからトンガタプの機内でもウクレレを持っている人が何人かいて、音楽好きで陽気な国なんだろうなーと思いました。
今回はババウまでの国内線が次の日だったので現地のモーゼスの家に一泊。
家の周りには、犬と鶏と豚がいてちょっとした動物園だなと思いました。
晩御飯は鳥料理で、味付けが日本人好み。そこの鶏かな?と思いながら食べました。
家には妹と弟、21歳のお姉ちゃんがいてお姉ちゃんのAnnaとは歳が近かったので話が盛り上がり夜の2時まで喋ったり映画を観たり凄く楽しい一泊でした。
早朝、モーゼスに空港まで送ってもらい噂では聞いていたけど、ババウ行きの飛行機は小さくて私が乗ったのは、操縦席も見えて、わくわくしました!
フライト時間は1時間程。
ババウに着いて、ホテルへ。
その日は、岡田さんと初対面をして、町案内をしてもらい中華レストランでお昼ご飯。
P8280526 (2).JPG
<ネイアフの町にある、カソリック教会>
3時ぐらいにweek3、5日目のホエールスイムの船のお迎え。
ザトウクジラが好調に見れているみたいで、泳げるのが楽しみ。
week3最終日。
week3のメンバーは岡田さんと共に朝から出航。
week4のゲストが早く入りするので、越智さんと一緒に空港に迎えにいき、9時半にもう一隻で出航。移動中に3頭とスイムしたけど動きが速かったので違うクジラ探し。
ノースベイというエリアでブロー発見。
ペアで、透明度は余り良くなかったけどゆったりな感じで上から観察。
呼吸の時に上に上がってきて、尾びれが当たりそうなくらい近くまで来ました。
一頭がお腹が大きくもしかしたら子持ちかもしれなくて、2.3日後に生まれるかもしれない!
土曜日は、week3の数人のゲストが帰国。
7時半に出航して、北側へクジラ探し。
親子を発見してスイム。
母親が少し警戒心があったけど、凄く浅い場所に止まってくれたからゆっくり見れました。子クジラが母親の周りをグルグルしたり動き回ったり凄く可愛くて、水中で1人ニヤニヤしていました。ランチは、その場所で食べて母親のブリーチを見ながら最高に贅沢なランチタイムでした。
20160827-_T5A2505k.jpg
日曜日は、法律で働かない日で朝の10時から教会のミサが聴けると聞いたので行ってみました。トンガの正装をした人が沢山いて、1時間半程。
トンガの言葉で喋っていたりしていたので途中は少し退屈でしたけど、
ミサはハモったり聴いていて凄く心に響く歌でした。
私の前に座っていた2.3歳の女の子が、座っている事が苦痛なのか後ろを向いてジッとこっちを向いていたので笑って見たら、こいつ暇潰しになりそうだな。と思ったのか指遊びをしたりして、凄く可愛かったです。でも、お母さんに怒られて、それでもめげずにお金を入れる箱で遊んだりして、やっぱり小さい子はこおゆう場所は理解も出来ないし退屈だろうなと思いました。
最後はクジラが見れるように、神父さんに頭を撫でてもらって帰ってきました。
P8280525 (2).JPG
Week4 、1日目。
朝到着のゲスト達とフェニックスという船で出航。
シングルがいたけど、なかなか止まってくれず他の船がシェアできるクジラがいると聞いて親子にトライ。最初、エスコートに追いかけられたりサメに追いかけられたりなかなか止まってくれなかったけど、親子でダブルブリーチや子クジラがブリーチを7連続ぐらいしていたり、船の近くで母親がブリーチをしていて凄い迫力でした。だいぶ粘ったかいがあったのか、止まってスイムもする事ができました。
S__26763330.jpg
今日着いたゲストで、初のトンガでのザトウクジラスイムの方が2人いたので初日から最高に良いクジラと出会えて良かったなとホッとしました。
午後には、week4のメンバーが全員揃い明日から3隻でホエールスイム。
2日目。
ゲスト2人が帰国。
今日から3隻でフェニックスに乗船。
南の方に親子とエスコートがいると無線が入り移動。
私は上からクジラの方向を指示したりしていて、クジラも動いていてヒートラン状態。ブリーチなどアクションをしたり。ヒートランは全部で6頭くらいいて凄かった。
_T5A2845k.jpg
3日目。
朝から雲行きが悪いままリサマリで南側へ。
ヒートラン4頭とスイムしたけど、移動中で違うクジラへ。
親子とエスコートがいたので、越智さんがチェック。
OKが出たので皆で行ってみると移動して、もお一回トライしてみるとまた移動。
越智さん1人で行くのは大丈夫だけど、皆で行くとエスコートが親子を押すように移動させるみたい。その後は、雨も降ってきて良いクジラと会えず終了。
S__26763332.jpg
4日目。
リサマリで出航。
早朝から大雨が降っていたけど、出航する時には雨は止んでいて、出発して15分程の場所で2頭、1頭、2頭のブローがあちこちで見えてラッキー。しかも凪で泳げたら最高!
でも、泳げるクジラとは中々出会えず、風が出てきて空模様も段々悪くなってきました。
無線が入り、3頭のクジラを他の船とシェア。
アクションをいっぱいしていて、水中から見るテールスラップやブリーチなど凄く迫力があって、水中は泡だらけ!
他にも良い親子がいると無線が入り、順番待ちをしながらランチ。
順番が回ってきて、水中へ。
下を見ると親子がゆったりしていて、子クジラが呼吸をしに上に上がってくるのを見たりとってものんびりした感じでした。
5日目。
リサマリで出航。
1時間半程探していると、無線で親子とエスコート情報。
行ってみると、エスコート2頭と親子がいて水中へ。
クジラ達はこっちに向かってきたり、前を見ていると真下にいたり、エスコートは泡を出してバブルカーテンをしていたり、エスコート2頭ハイテンション。
向かってくる親子クジラが私の手前で止まって、観察するかの様に2頭でこっちを見ていました。私も、え、見られてるよね?何か言われてるとかな。と思いつつ、こっちに向かってきたので近すぎて思わず避けました。この場合カメラマンなら、迷わず避けずにカメラのシャッターを切るんだろうな。と後々思いました。
初めてこんなに近くてザトウクジラに圧倒されて、凄く興奮しました!
S__26763324.jpg
S__26763325.jpg
この後は、洞窟のあるマリナーズカーブへ行ってシュノーケル。
小さい魚などがいたり、潜ってしか行けない洞窟に行ったりした最終日でした。
今回一眼レフデビューして、初めてのトンガ、ザトウクジラとのスイムで沢山の知らない事や楽しい事、親子愛を知れた貴重な毎日でした。
P1600288k.jpg
<INTO THE BLUEのスタッフ。左から二人目がアシスタントのよしおななみ>

RecentEntry

  • カテゴリーなし