KID'S DIARY 子育て日記

  • 子育て日記TOP

子育て日記

商品

Wed 07
破魔矢とひつじのおまもり、全員大吉
2015.01.07

お正月を、家族と離れてメキシコで過ごすのは、今年で4年目。メキシコから帰国すると必ず家族と一緒に行くのが、氏神様の清流神社。

僕がいないので、お正月は毎年母子3人でお参りに行っている。今年は、実家から清流神社まで徒歩で出かけたそうなのだけど、長男の海友は「車がいい」とちょっと面倒くさがったんだけど、なぜか次男の颯友は万歩計を持って意気揚々と出かけたそうだ。なぜ万歩計なのか? 歩いて行ったおかげで、獅子舞に遭遇。

S__2334741k.jpg

そして、今年息子たちが神社で購入したものを妻が写真で送ってきた。

海友はひつじのおまもり、そして、颯友は、破魔矢。

S__2334755k.jpg

S__2334745k.jpg

海友のひつじのおまもりは、「かわいいから」と、まあ、普通の理由なのだけど、颯友の破魔矢は、映画「ホビット2」でオーランドブルームが矢を放ってるシーンを直前に観て、それがかっこよかったからか、「矢が欲しかった」らしい。

「破魔矢買ったあとで、背中とコートの間に(破魔矢を)入れて、シュッて抜いて構える真似を何度もしてたよ」とのこと。

「ふ〜ん。そんなことより、なんか子供たちの面白いネタない?」

と妻に尋ねると

「子供たち?元気だけど・・・・面白い話は思いつかないよ〜」との返事。

なんだか、ちょっとがっかりしてると、

「すまん」と続いてメッセージが送られてきた。

S__2334814k.jpg

まあ、しょうがないか。とりあえず、年始は元気にしてる報告だけでよしとしよう。

と思っていたら、

「あ、そういえば今年は3人とも大吉だったよ!いいはじまりだよ」

とまたメッセージが送られてきたので、

「すごいじゃん!」と話を続けようとしたら。

間髪入れずに「おやすみ〜」とのメッセージ。

「あ・・・、おやすみ〜」

時差が14時間もあると、なかなか会話が進みません。

そして、年始最初の息子ネタは、おみくじの結果とは裏腹に、個人的にイマイチな始まりでした。

Wed 02
不思議な駄菓子屋さんで見つけた、なめネコ
2014.04.02

ラジャから戻ってきて、息子たちが、今気に入っているカードなど見せてくれた。海友と颯友は今の子供たちの間で超人気の「妖怪ウォッチ」の妖怪メダル。なかなか手に入らないらしくて、近くのデパートのおもちゃ売り場で販売されても、一人限定一個までで、あっと言う間に売り切れるらしい。

そういうのに目をつけたヤフーオークションなどで販売してる人とかが、大量に買い占めているという話も・・・・・・。

なので、一人一人のメダルというよりも、今は、二人の共有メダルのようになっている。

そんな中、颯友が嬉しそうに見せてくれたカードがこれ。友だちの中学生のお兄ちゃんに連れて行ってもらった、"不思議な"駄菓子屋さんで見つけたらしい。

「何これ?なめネコじゃん」と言うと、

「え、パパ知ってるの?」と颯友。

父:「当たり前じゃん、これパパとかが子供の頃に流行ったキャラクターだよ」

颯友:「へ〜、そうなんだ、1枚20円なんだよ、安いでしょ」

父:「パパの頃は、多分1枚10円だったよ」

颯友:「え、そうなの!へ〜!」

と、父が思いのほか理解を示してくれた事を喜んでいるようだった。

P1020842k.jpg

そんな話をしていたら、妻が、「この前外で遊んでいて、颯友が転んだんだよね、で、皆が大丈夫?って声かけたら、『にゃ〜』って言いながら立ち上がったんだよ。あれはどう考えてもなめネコの影響だと思うよ」と笑いながら教えてくれた。

今、なめネコが再度流行っているのか知らないけど、自分も、その中学生のお兄ちゃんおすすめの不思議な駄菓子屋に行ってみたくなった。

Sun 12
フューチャー・イズ・ワイルド
2014.01.12

1234.jpg

最近、ロケに出かけると、家族とのやり取りはLINEでの事が多い。今週は暇だったので、たまに連絡取っていたのだけど、最近おもちを食べ過ぎなのか、長男の海友が前にも増してぽっちゃりしてきた。

「カイトはまたふとってるよね?」

「カイトはぽっちゃりだよ。空手の先生にも、また大きくなったって言われたよ〜。ははははは〜」との陽気な返事。自分は空手、重量級にならないか不安。

そんな話はさておき、海友は、今LEGO教室に通っている。

LEGOを使って、様々なものを作ったりするのだけど、今は、フューチャー・イズ・ワイルドってテーマで、生物が、今後どんな風に進化していくかを自分で想像して、LEGOで未来の動物を作っていくそうだ。

人類滅亡後、どんな生物が地球上で栄えるか、学者がシュミレーションした話題の本が元になっているとか。

「カイト、すごく楽しいって言ってるよ。ハヤトもきっと大好きだよ」

「こういうこと考えながら自分で生物進化を想像して、LEGOで創るのは楽しいよね!」

妻が話すと、息子が太った話でも、やってる事でも、全部楽しいことに思えてくる。

ちなみに、数年前にハヤトが女の子モノのおもちゃとか少しだけ好きになってた時も、

「わたしは、みとめるよ。ハヤトがそっちの方向に進むことになっても、わたしはみとめるよ〜あはははは(笑)」と笑っていたのを思い出した。

どこまでも陽気でプラス思考

Fri 13
LEGO 教室で作ってきた、モーターで動く犬
2013.12.13

長男の海友が通い始めた、LEGO教室で、モーターで動く犬?オオカミ?を作ってきた。PCでプログラミングして、ボックスを開くとオオカミの遠吠えがして、この犬?オオカミ?が動き始めるのだそうだ。

面白そうな教室だな〜。

Fri 13
父の著書と、海友と颯友の誕生日のプレゼント
2013.12.13

会うといつも、自分の著書を持って来る父。今年は、7冊ほど、著者や訳本を出したそうだ。その一冊が、日本ではすでに過去に2回翻訳されている有名な「菊と刀」。しかも、今回は初めて息子(兄)との共訳本。年末からのムヘーレス島への旅のお伴は、何冊かの、父の著書と訳本にしようかな。

越智道雄の本

1483337_704242816266385_527692141_n.jpg

1年振りに会った父母の目的の一つが、同じく1年間会えていなかった孫たち(海友と颯友)の誕生日のプレゼントを一緒買いに行くことだった。近所のトイザラスへ。ここで兄弟の性格の差が出る。兄海友は、来る前から決めていたWii Uを迷う事無く選択し、買い物を終える。「それにしても、高すぎるんじゃないの」と思ったけど。「1年に一回くらいしか会えないからいいんだよ」と父に言われた。一方颯友は、そこで目についた物を選択する度、「本当にこれでいいの?」とおじいちゃん、おばあちゃんやママに問いただされ、その都度違うものを持って来ていた。で、自分が「これか、これがいいんじゃないの?」と颯友に見せたのが、リモコンで動く、人間型ロボットと恐竜型ロボット。「でも、大きくて高すぎない?」と言うのだけど、兄のWii Uに比べれば7分の一の値段。実は最近、颯友が、ロボットや恐竜の本を図書館から良く借りてきていたので、聞いてみたのだけど、結構気に入ったらしい。恐竜型ロボットの方を選択。Robosaurus というおもちゃだけど、自分で「ロボティラ」と名前をつけ、学校に行ってる間は人に使われないように、リモコンの方を自分の勉強机の中に隠しいて行った。「誰も使わないって〜」と颯友に言ったけど、実はちょっと遊んでみたいと思う父なのでした。

1497733_704967662860567_1561873935_n.jpg

帰宅後、早速ロボティラで遊ぶ颯友

1471250_705151962842137_2051963816_n.jpg

ENTRY

ENTRY

  • 越智@自宅
    あ、久しぶりですね。ハワイ楽しんでますか?はや...
  • yumi
    ほんとにほんとにお久しぶりです。 その昔昔、モ...
  • ゆうこ
    最後の文章で吹き出しました(^-^)/ ...

PICK UP

2018.12.22
2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況 2019年奄美ホエールスイム・空席状況

2019年に開催する、奄美南部でのホエールスイム空席状況です。 開催期間 2019年1月26日(土)〜2月3日(日) 2019年2月23日(土)〜3月1日(金) 宿泊:ZEROグラビティー・古仁屋クラブハウスまたは、ZEROグラビティー清水ヴィラ 両方の宿泊施設は、車で5分ほど離れています。 船:ZEROグラビティー所有のカタマランボート。暖房完備の船室、冷蔵庫、ポットなど 温水シャワーのあるシャワールーム、トイレはウォッシュレット ボートの出港は、古仁屋からになります。宿泊施設からは、それぞれ、3分(クラブハウス)、10分(清水ヴィラ)。 空席状況(2018年12月22日現在) 1月26日(土) 空席4 1月27日(日) 満席 1月28日(月) 空席1 1月29日(火) 空席1 1月30日(水) 空席2 1月31日(木) 空席1 2月1日(金) 満席 2月2日(土)  空席5 2月3日(日) 余裕有り 2月23日(土) 空席2 2月24日(日) 満席 2月25日(月) 空席2 2月26日(火) 満席 2月27日(水) 満席 2月28日(木) 満席 3月1日(金)  空席2

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com