KID'S DIARY 子育て日記

  • 子育て日記TOP

子育て日記

Sun 04
かっこ良い人ってどんな人?
2014.05.04

P1000680k.jpg

レストランで、ブッフェの夕食を食べ終えて、デザートを食べているときに、「海友〜、お前はちゃんとしてれば、かっこいいんだよ」と言うと、「え、全然かっこ良くないよ。そんなこと言われたこと無いもん」と答える海友。

「他の人から見たらどうだかわからないけど、パパやママから見れば、すごくかっこいいんだからな」と言うと、ちょっとはにかんで嬉しそうにしたけど、すぐに「デザートまた取って来る」と言って、席を立っていなくなってしまった。

次に、颯友にも「お前もパパとママから見たら、すごくかっこいいんだからな」と言うと、「パパ見て」と言うので、「何?」と尋ねると、

「りす」と言うなり、しゃかしゃかしゃかしゃか・・・・とデザートのクッキーを両手でかかえて激しく食べはじめた。相変わらず、こいつのリアクションの意味がわからない。

またデザートを取って戻ってきた海友に、「海友にとって、かっこいい人ってどんな人の事?」と尋ねると、最初は「え〜分からない」って答えてたけど、「分からないって答えが一番ダメなんだよ、何でも良いから思った事言ってみな」と再度尋ねると、

海友「えっと、顔が、かっこいい、しっかりしてる、仕事を一生懸命してる、人に優しくできる・・・かな〜」

父「なるほど〜、で海友がなりたいかっこいい人は、どんな人なの?」と尋ねると、

海友「人に優しくできる、かっこいい人」と答えた。

父「いいじゃん、皆に優しくできる人はすごくかっこいいよ。海友は、学校でも、4年のときの担任の先生が、海友君は誰とでも、仲良くできて、海友君の周りはいっつも笑顔が溢れていますって言ってたって聞いたよ」

海友「え?何でパパが知ってるの?全然家にいないのに」

父「ママから聞いたんだよ。4年の先生だけじゃなくて、3年の時も、2年の時も、先生がそんな風に言ってくれてたって」と言うと、海友は満面の笑みを見せて、目を輝かせた。

次に、颯友にも「で、お前のかっこいい人ってどんな人?」と尋ねてみた。

颯友「えっとね〜、面白くて、やんちゃで、てきと〜・・・・、あと逃げ足が早い」

P1040556.JPG

父、「おまえやん」


Sat 03
海友久しぶりのダイビングは、「海底の砂が好き」
2014.05.03

P1080425.JPG

長男の海友が、Jrオープンウォーターを取得したタイでのダイビング以来、久しぶりのダイビング。お願いしたのは、かなり昔に取材や、まだ結婚間もない頃に夫婦でダイビングするときにお世話になった、ブリーズハワイ

P1040199.JPG
<ブリーズハワイにいるオウムと記念撮影>

超久しぶりに、当時お世話になったガイドのヒデキさんに連絡を取って、Jrオープンウォーターでも潜れるポイントに連れて行ってもらうことになった。ガイドしてくれたのは、ヒデキさんの奥さんのリツコさん。お二人も同じ年頃の子どもたちがいるということで、海友の態度の悪さや、落ち着きの無さとか、口の悪さなんかにも、とても上手に対応してくれていた。ハワイだから、きっとこういう子連れダイバーも多いんだろうな。

P1040206.JPG
<後ろから歩いて来るのがヒデキさん>

アラモアナビーチパークの西にあるマリーナからダイビングボートに乗船して、10分程でポイントへ。

P1040213.JPG
<水温は25度なので、3ミリフルスーツを二枚重ね>

機材のセッティングもリツコさんに教えてもらう。
P1040225.JPG

目の前には、ワイキキのビーチが。

P1040228.JPG

1本目に潜ったのは、タートルキャニオンというポイント。ジャイアントストライドでエントリー。

P1080428.JPG

これは躊躇することは無かったけど、潜降するまでに、ちょっと風邪気味だったのもあり、なかなか耳が抜けなかった様子。最初はちょっと緊張していた様子だった海友を、海中でも上手くエスコートしてくれて、無事、水深10mくらいの海底へ。

P1080431.JPG

そして、アオウミガメの沢山いる小さなリーフへ。

P1080435.JPG

ここでフィーディングして集まってきたソロイモンガラにちょっとビビる。イルカやジンベエザメなら大丈夫なのに・・・、何なんだお前。

P1080422.JPG

リツコさんが、餌あげてみる?みたいに、パンを差し出すのだけど、「いい、いい、遠慮します」のポーズ。

順調に潜れてるかなと思ったけど、コース半ばで「浮上したい」の合図。20分ほどでボートに浮上。どうしたのかと思ったら、「ちょっと頭が痛くなった」とか。

これは2本目は無理かな〜と思ったのだけど、一度港に戻って、休憩してから向かったノーチラスというポイント。「サメ(ホワイトチップシャーク)がいるよ」とリツコさんに言われると、「え、サメ無理、無理、ぜったい無理」とか言ってる。

ジンベエザメだってサメだんなんだよ。メキシコではジンベエザメやマンタとは平気で素潜りしてたくせに、何、このチキンぶりは。こりゃあ、やっぱり潜らなそうだな。

P1080438.JPG

と思ったのだけど、前々から水中の砂を持って帰りたいって言っていて、リツコさんが持ってきてくれたジップロックを渡してもらい、水深12mの砂地で夢中になって、砂をジップロックに詰めたり、リツコさんが見つけてくれたタコのマクラを気に入って、ダイビング終わるまでずっと持ってたり。

途中でホワイトチップに遭遇したときには、また同じように、無理、無理ポーズ取って、リツコさんの後ろに隠れていたけど。結局40分しっかりダイビングして終了。

「海友、ダイビング面白かった?」と尋ねたら、

「うん」と言うので、「何が面白かった?」と聞くと

「えっとね、砂!」。

「え、他には?」。

「砂!」

「・・・・それだけ?」

「だって砂好きなんだもん」

「あ、そうですか」

できればもっと魚に興味持ってくれよとも思ったけど、まあ10歳だし、とりあえず、海底の砂に夢中になるだけでもいいのかな。

ダイビング終了してから、お店に戻って、リツコさんにログ付けしてもらった。魚の名前、教えてもらって書いていたけど、きっと覚えてないうんだろうな〜。

P1040263.JPG

おっとりしてて、何に興味があるのか良くわからない奴だけど、色んな事経験して、自分の好きな事、見つけてくれれば、それでいいんだけどな。

P1080411.JPG

この日記も、いつかは思い出のログになるかもしれないな。

海底の「砂!」が大好きだった、10歳のダイビング


Fri 02
2014年ハワイでの二人、まとめ
2014.05.02

10330356_782003108490355_8638648103076168988_n.jpg

旅の途中。性格の違いが、表情に一目瞭然の二人の写真。基本旅には、ゲームは持っていかせないんだけど(自分の事は棚上げ)、出発間際に「3DSだめでげすか?3DS持っていっちゃだめでげ〜すか?」と最後まで尋ねるのは、二男の颯友。

10175019_780143155343017_8472756328670477541_n.jpg

プールで遊びまくった後、食事に出かけたのだけど、服脱いで、結局海に突っ込んでいく二人。やることは、何年経っても全然変っていない。いや、変ってくれない・・・。

10151858_780355651988434_8260831734047127430_n.jpg

二男の颯友が、隙あらば、「うぎゃ!うぎゃ!うぎゃ〜ぎゃ〜!」と叫びながら、背後から飛びつき、おんぶしてきて、最後には肩車状態になり、暴れ回る。妖怪こなきじじいかお前は。

ご覧のように、陽気な妖怪こなきじじいに取り憑かれてる毎日です。

10245435_782033201820679_1077361176027546344_n.jpg

このメンバーで、アラモアナビーチパークのマジックアイランドでバーベキューをした。オーシャナでも仕事をお願いしている、水中カメラマンの石丸君と、岡田君、それに岡田君の子どもたち。ママたちは、仕事だったり、ショッピングに出かけていたり。初対面の海友と颯友に岡田君とこの子どもたち、あっという間に仲良くなって、一緒に遊んでいたと思ったら・・・いつの間にか、さらに仲間が増えていた。皆で釣り上げたのは、アナゴの仲間。それを、持って「バーベキューにして食べたい!」と近よって来るのを、さばいてバーベキューのするの面倒くさいパパ連中は「可哀想だから逃がしてあげなさい」と偽善的な嘘をつき、難を逃れる。

1017760_780968285260504_7777813327381110018_n.jpg

10309485_780969258593740_3789577168200846_n.jpg

相変わらず、面白い発言ばかりの海友と颯友(特に颯友)。家にいれば、すぐにfacebookにアップできるのに、外を出歩いているときに、「お!その発言、後でfacebookにアップしちゃおう!」と思っていても、気づくと結構忘れていることが多い。「ねえ、さっきさ〜、なんかすっごく面白い事言ってたじゃん、あれ何て言ってたっけ?」と聞き直しても、「え、知らな〜い、覚えてな〜い」あるいは「覚えてるけど、どうせfacebookにアップするんでしょ。だから教えな〜い」って言われちゃうし、妻にたずねても、「あ、そういえば、何か面白い事言ってたよね〜、何だったっけ?」って感じで、何かと〜っても損した気分になる。そのモヤモヤした気分は、水中でのシャッターチャンスを逃した時に匹敵したりして・・・。

4年振りに、この「ものぼけ」を見た。前回は、お箸だったけど、今回はなが〜いフライドポテト。

11948_782252935132039_1966254022926374364_n.jpg

10292149_782253918465274_7268400252946972998_n.jpg

ウクレレの無料レッスンにも参加してみました。先生の話を案外真剣に聞いてる海友と、コードを見るのさえ、苦痛な感じの颯友。

_1000629k.jpg

成田空港で買った2014年の本屋大賞受賞作「村上海賊の娘、上巻・下巻」を読み終えた。個人的には、2013年の本屋大賞受賞作の「海賊とよばれた男、上巻・下巻」の方が感動したかな。村上海賊は、戦(いくさ)の戦闘シーンの描写がハラハラするけど、「感動する」って感じじゃない。映画化したら、「キルビル」とか「300」みたいになりそうだし。  

で、息子たちに「お前らも旅行中に本読めよな、最近本読んでる?」と尋ねたら、「読んでるよ!その本より分厚いの、ね〜カイト!」と自信満々に二男の颯友が言うので、「本当かよ〜?そんなの借りてるの見た事無いけど」と言うと、「パパはそれ、4日くらいで読んだんでしょ?オレなんかそれより分厚い本、5分で読めるよ!ね〜カイト!」と自信満々。海友も「5分じゃ無理だけど、10分くらいなら」とか言ってる。・・・・・、それって「コロコロコミック」の事だろ。にしても、5分は早過ぎる。10分もだけど。

1012592_782282758462390_3875263405769248849_n.jpg

Fri 02
良い顔して〜・・・くれない
2014.05.02

_1000892k.jpg

「海友〜、颯友〜、写真撮るから、笑顔で良い顔して〜」と言った後の二人の「良い顔」の意味の認識の違い

_1000894k.jpg

・・・・、颯友の顔が、また嫌な予感

_1000896k.jpg

やっぱり・・・

「ちゃんと良い顔してくんないかな〜颯友〜」

_1000898k.jpg

・・・と言っても変らない。

颯友「もういい?疲れた」

_1000901k.jpg

もういいって、良い顔全然してないだろ〜。海友はちゃんとしてくれてるぞ。もう一回!
はい!

_1000924k.jpg

・・・・、ごめん海友、また無理だわ。

という感じで、実は、颯友の爽やかな表情を撮影するのは、カエルアンコウがあくびするのを撮影するくらい、至難の業だったりする。

Thu 10
結婚するのは、やっぱり女(の子)でしょう
2014.04.10

P1240968.jpg

新学期になり、5年生と2年生になった海友と颯友に質問をしてみた。

「ねえ、新しいクラスに可愛い女の子とかいた?」

間髪入れず(多分、1秒もたたないで)

海友「いない!」、颯友「しらな〜い!」

父「・・・・(何こいつら、つ、つまらな過ぎる)」

父「ま、まあ2年の颯友は許すとして、海友、5年にもなったら、好きな子の一人もいるもんじゃないの?」

海友「だっていないんだも〜ん!」

父「もしかして、男の子とか好きとかじゃないよな?」

海友、颯友「え、それは無い」

父「じゃあ、好きな子の一人や二人はいるだろ〜」

海友、颯友「いな〜い!」

父「・・・・。じゃあ、まあ今はいないとして、大きくなって、結婚するとしたら、男、女、さあどっち?」

海友「それは女だよ。決まってるじゃん」

父「結婚の選択肢には、男は無いと?」

海友「あたりめ〜じゃん!」

父「なるほど、なるほど、(と言いながらちょっとにやける父)」やっぱり、大きくなって、つきあってる人紹介しにきて、それが男だとちょっとがっかりだからな、父としては、うんうん。

父「で、颯友は?」

颯友「でもさ〜、男同士だと何も家事とかやりそうにないじゃん。だから女だな」

父「え、男だってやる人はやるって」

颯友「まあ、ちゃんと一緒にやってくれるなら誰でもいいけど、まあ、やっぱ女でしょ」

父「まじで?男って選択肢は無い?」

颯友「無いって!」

父「なるほど、なるほど、それじゃあ、そういう風に男が好きとかじゃなくて、女に興味が無いように振る舞ってる奴の事をどう言うか知ってる?」

海友、颯友「え、知らない。何ていうの?」

父「そういう奴はな〜、硬派君って言うんだよ」

海友「え、紅白歌合戦?」

父「違う、硬派君」

海友「僕は、紅白歌合戦で〜す!お風呂入ろ」

父「違う!硬派君!」

母「二人はね〜、母から見たら、いけめんなんだからね」

颯友「いけめんじゃね〜!!」

母「あ!ソファーにチョコレートアイスがついてる!誰!?父〜、父でしょ!もうソファーでアイスは禁止!ちゃんと自分で奇麗に拭き取ってよね!」

父・・・無言

自分たちと同レベルで、母にしかられている父を見て、嬉しそうにする海友と颯友。

父「やっぱ結婚するのは女の子・・・なんだよな〜、お前ら」

颯友「でも、結婚しないって選択肢もあるよね」

父「なるほど!」それにしても、こいつは、今、父親の叱られ具合を目の前で見て、咄嗟にそんな事を思いついたのだそうか・・・・。

という意味の無い会話で盛り上がる、パラオ出発前夜。

パラオ行ってきます。

ENTRY

ENTRY

  • 越智@自宅
    あ、久しぶりですね。ハワイ楽しんでますか?はや...
  • yumi
    ほんとにほんとにお久しぶりです。 その昔昔、モ...
  • ゆうこ
    最後の文章で吹き出しました(^-^)/ ...

PICK UP

2017.08.04
INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程 INTO THE BLUE & underwater.jp 共同開催の御蔵島ドルフィンスイムスケジュール追加日程

御蔵島。今シーズン最後の追加日程のご連絡です。新たに3日程を追加しました。 今満席のところも、空席が出たら、ご報告します。どこかで、僕も参加するかもしれません。 ■6月30日(金)~7月2日(日):満席 終了 ■7月7日(金)~7月9日(日):満席 終了 ■7月14日(金)〜7月16日(日):満席 終了 ■8月25日(金)〜8月27日(日):満席 ■9月1日 (金)〜9月3日(日):満席 ■9月8日(金)〜9月10日(日):満席 ■9月22日(金)〜9月24日(日):満席 ■10月20日(金) 〜10月22日(日):新スケジュール ■10月27日(金)〜10月29日(日):残席2 ■11月3日(金)〜11月5日(日):新スケジュール ■11月10日(金)〜11月12日(日):新スケジュール 今後も新たなスケジュールが入りましたら、随時ご報告します。 参加申し込みのお問い合わせは、Underwater.jpまで。

参加者の声

スペシャルトリップに参加いただいたゲストの皆様からご感想をいただきました。
>>参加者の声

What's NITO THE BLUE?

INTO THE BLUEとは?

INTO THE BLUE では、写真家・越智隆治 が、バハマ、トンガ、フロリダ、マーシャル 、 タイ、フィリピン、南アフリカなどなど、取 材で訪れた各国での体験談や変り種情 報などを、写真や動画と一緒にブログ形 式でつづっています。

越智隆治プロフィール

世界中の海を自然環境をテーマに取材を続ける水中写真家。イルカと人の関係に興味を持ち、国内外の多くの海でイルカの撮影を行っている。
>>越智隆治プロフィール

WEB-LUE

GBR! 魅惑のミンキークルーズ
ocean+a

世界中のダイビングディスティネーションをめぐり、取材した海の魅力などをメインに、紹介しているフリーのPDFマガジンです。是非ご覧ください。  http://oceana.ne.jp/

アマナイメージズにて取扱中!

アマナイメージズに作品を提供しています

必要物資・支援要求マップ 311HELP.com